<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 17日

国会前、割腹の警告

c0160288_23391483.jpg


17日午前9時55分ごろ、国会議事堂(東京都千代田区)前にタクシーで乗り付けた男が、正座する格好で短刀(刃渡り約20センチ)で自分の腹を刺した。男は病院に運ばれたが、意識はあるという。警視庁公安部によると、男は岡山県総社市の右翼団体「大日本皇国会」の桐木誠次会長(39)で、容態が回復し次第、銃刀法違反容疑で事情を聴く。



以上、新聞報道より。岡山県に活動拠点を置く、大日本皇国会は二年前に最高顧問の丹正東岳氏が、自らの左手小指を断指して、当時の安倍晋三総理に送り、靖国神社参拝を求め、昨年は会員の国信隆氏が拉致問題に関連してアメリカ大使館に挺身決起されている。

読者諸賢におかれましては、今回の桐木会長の身命を賭した憂国の声に耳を傾け、少しでもその真意を汲み取っていただきたいと願い、以下に桐木会長が携えられていた警告文を掲載するものである。


警告文
 
 悠久の大義に生き、悠久の大義に死す
それが日本人の道である。その道を忘れ去った者が日本國の政治を司る事は許されない

衆議院選挙も近くなった。貴殿達も含め官僚公務員に至る「身分」を与えられし者が國に仕え民に仕える事を忘れた結果が現在の日本である。他人を想う気持ちなど無く、自己中心主義に生き、大和魂も他國へ吸い取られている。目先の事だけを考えている貴殿達に百年後の日本が描けているか。子供や若者が夢や希望を語れない國が現在の日本國である。貴殿達にはその責任を必ず取ってもらう。

一、陛下への忠義を忘れた政治家は出馬を辞退せよ
一、大東亜戦争を含め、日本國の歴史に命を捧げられた方々に感謝を忘れた政治家は即刻辞職せよ
一、靖國神社に参拝しない政治家は日本國を預かる資格はない
一、私利私欲に走り心穢れし者、心悪しき者、心疚しき者は即刻辞職せよ

 我等右翼民族派は昔も今も天忠人であり天誅組である。いかなる理由があろうとも國賊と見なせば天誅を下す。責任の取り方が解らない政治家には、私が教えてやる。
 命を懸けて國を守り民を守る覚悟を決めて選挙に望め

「日本の魂を穢す國賊は許さない」

皇紀弐千六百六拾九年
            八月拾七日
大日本皇國會 會長
 桐木誠次

衆議院・参議院議員一同
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-08-17 23:25 | 決起・義挙
2009年 08月 16日

大東亜戦争を考えるマラソン演説会が開催

c0160288_43701.jpg


敗戦無念日の8月15日、帝都渋谷駅ハチ公口にて毎年恒例の「大東亜戦争を考えるマラソン演説会」が開催され、この日、全国から靖国神社参拝に集まっていた同志らが続々と合流してマイクを握り、渋谷を行く国民に大東亜戦争と靖国神社の意義などを訴えた。

マイクを握ったのは以下の同志達。(登壇順)
敗戦屈辱の日である15日、午前11時より渋谷駅ハチ公前に於いて「大東亜戦争を考えるマラソン演説会」を開催した。のべ120人が参加し、29人の弁士が大東亜戦争の思いに熱弁を奮った。

以下、弁士(登壇順)

★近藤 勝博 同志
★福田 邦宏 同志
★中村 和貴 同志
★中上 清志 同志
★山口 秀明 同志
★川原 弘幸 同志 
★平田 佐喜雄 同志
★猪俣 正征 同志 
★花上 功 同志 
★河原 博史 同志
★坂田 昌己 同志 
★磯 和典 同志
★荒巻 賞午 同志
★山川 裕克 同志 
★長谷川 光良 同志 
★志賀 智仁 同志
★竹内 恒夫 同志 
★金友 隆幸 同志 
★所 孔雀 同志
★上田 一元 同志 
★松岡 一誠 同志 
★飯ヶ谷 裕司 同志
★渡邊 臥龍 同志 
★小田 昇 同志 
★鈴木 信行 同志
★中村 宏樹 同志 
★中川 幸右基 同志 
★芹沢 紀明 同志
★岩田 雅史 同志
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-08-16 04:35 | 活動報告
2009年 08月 12日

8/15 大東亜戦争を考えるマラソン演説会のお知らせ

来たれ弁士!

来る8月15日、敗戦屈辱より64年の夏を迎えるにあたり

毎年恒例の「大東亜戦争を考えるマラソン演説会」を開催します。

各々葬り去られた大東亜戦争の意義を、リレー方式で訴えます。


場所:渋谷ハチ公前

時間:11頃より弁士終了まで

※正午の時報に合わせて黙祷を致しますので約1分の間、演説は中断致します。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-08-12 08:11 | 行事案内
2009年 08月 11日

中村宏樹同志、断指の勧告

c0160288_875922.jpg


10日午後、民族派団体である同血社神奈川県連合に所属する中村宏樹同志は、不甲斐なき麻生総理に靖國神社公式参拝を強く促すべく、壮烈な決意をもって自らの右手小指を切断。

麻生総理に対し日本国首相の立場で、8月15日に靖国神社公式参拝をするよう、勧告文と切断した自らの小指を携え、同志らと共に内閣府を訪れ、靖国神社公式参拝をするよう、強く勧告した。

以下にその勧告文を掲載させていただく。



勸告文

貴殿及自民黨の凋落甚しく、殆ど人力口説を以て挽囘し難き段階にあるは萬民の認めるところである。
假令再生の道が有るとするならば、其れ、靖國神社昇殿を拜し、國乃礎となられた先覺神靈に感謝の誠を奉じ經國の誓を立てる以外に他はなし。
斯くて蒼生を安ずるが如く指導者の本領恢復せむ。即ち是日本再生唯一無二の理たらしめむ。
予切に念願し、右、勸告す。

皇紀貳仟陸佰陸拾玖年 捌月 拾日
同血社
中村宏樹
内閣總理大臣
麻生太郎殿
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-08-11 08:07 | 憂国の檄
2009年 08月 08日

月刊 志気 八月号

c0160288_23523161.jpg


政治結社大行社相模支部機関誌の「月刊 志気」(編集発行人 小針政人氏)より、最新の八月号(通巻三十一号)が発刊されました。
その内容を以下にご紹介します。


◆今月の主張 世界に一つだけの花 小針政人
◆特別寄稿 五箇条の御誓文こそ我が国是 大日本神民塾 塾長 五十嵐博臣
◆寄稿 科学考 ー想像力が鍵ー 大行社時局対策実行委員会 副委員長 木川智
◆再度申す! 第六弾 世界一が世界一多い日本なのに何故誇らないのか 千葉大学名誉教授 清水馨八郎
◆アジアから見た原爆投下 イスラム教団インドネシア記者 イドリス・ノ・マジット
◆浪曼派的評論 第7回 神話から読み解く「知ろしめす」と「領く」 麻喜多仁憲
◆これ、どう思いますか? 〈自民・石原氏〉幼稚園と保育園、4年以内に無償化
◆連載 清水行之助先生遺稿 大行 〈第十三回〉
◆黙ってられるか! 献身なき宗教家への警告 7
◆ブログ・こまさの寝言
◆編集後記


購読申し込みなどは、下記まで宜しくお願いします。

発行所 大行社相模支部 広報局
〒241-0802
神奈川県横浜市旭区上川井町2187
TEL/FAX 045-349-6212
編集発行人・小針政人
郵便振替番号 00200-3-77265(大行社相模支部)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-08-08 23:50 | 機関紙・冊子紹介
2009年 08月 07日

【緊急通告】支那人と売国極左の目論見を粉砕!

【緊急通告】支那人と売国極左の目論見を粉砕!

中止が決定! 支那人が企む「強制連行」デモと法要

<中国人強制連行受難者のための慰霊と補償を求めるデモと法要>

◆支那(中国)大使館支援のもと、8月8日に予定されていた浅草・浅草寺での法要とデモ行進が抗議殺到のため浅草寺・信徒会館が使用中止を主催者側へ通告。また同日、花戸川公園を出発点にしたデモ行進も抗議の殺到を恐れ中止決定した。支那人の侵略に怒る国民の声が実質、支那大使館主催の反日企画を粉砕したのである。

 また、第4インターなどが長年にわたって8月第二土曜日に実行してきた反靖国デモ行進も我々の抗議行動の結果、今年は靖国通りから撤退を余儀なくされ、下町の上野へ追いやられた。いずれも「保守運動」と一線を画した<『語る』運動から『行動する』運動へ>の勝利、成果であることは間違いない。

◆以上の経緯により、下記の抗議行動を中止します。

◆日時:8月8日(土) 10:00 中止
場所:浅草・浅草寺(信徒会館)

◆日時:8月8日(土) 13:00 中止
場所:神谷バー前



◆下記は予定通り決行します



支那人と台湾人が連帯する反日・反靖国キャンドル・デモ行進を粉砕せよ!

◆日時:8月8日(土) 19:00

場所:上野広小路交差点



呼び掛け:主権回復を目指す会、せと弘幸Blog『日本よ何処へ』

連絡:西村修平(090−2756−8794)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-08-07 22:27 | 投稿
2009年 08月 05日

月刊 狼煙 第四十号

c0160288_10194030.jpg


同血社神奈川県連合機関紙の「月刊 狼煙」(編集発行人 中村宏樹氏)より、最新の第四十号が発刊されました。その内容を以下にご紹介します。

◆愛国心について 〜日本の素晴らしさを知るべきだ〜 編集発行人 中村宏樹
◆軍国主義との決別を 〜民族派と軍国主義は似て非なるもの〜
◆歪曲史観を糺せ! 〜日本自ら歴史問題を作る事無かれ〜
◆政治離れは冷静な判断だ 〜総裁選について〜
◆日本人らしさの実践を 〜幸福の実現は日本人らしさの実践から〜
◆民族派運動に携わって 同血社神奈川県連合盟友会 藏重貴総
◆活動報告1 〜無名烈士八十五年忌法要参加〜
 活動報告2 〜政府及び外務省に抗議文手交〜
◆同血社神奈川県連合日誌 〜皇紀二千六百六十九年五月〜
◆編集後記

購読の申し込みなどは、下記まで宜しくお願いします。

郵便番号二二〇ー〇〇二三
神奈川県横浜市西区平沼二−十四ー五 リブステージ横浜五〇五号室
電話〇四五(二九〇)五〇〇〇番
FAX〇四五(二九〇)五〇〇一番
同血社神奈川県連合
機関紙「狼煙」編集部 編集発行人 中村宏樹

毎月一回月末発行
購読料定価 一部百円
年間購読料 一二〇〇円
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-08-05 10:15 | 機関紙・冊子紹介
2009年 08月 03日

平成の大演説会Vol.12のご案内

平成の大演説会Vol.12

軽佻浮薄な〈政権交代〉論を駁す ー明治維新という原点ー

演題:高貴なる「明治」を語る
とき:8月21日(金)午後7時開会(6時半開場)
ところ:文京シビックセンター小ホール(文京区役所内、定員370名、予約不要)
協力費:1000円
弁士:片山利子(『職ニ斃レシト雖モ —佐久間艇長と六号艇の男たち』著者)
 岡田幹彦(日本政策研究センター主任研究員)

主催:「平成の大演説会」実行委員会
 〒113-0033 東京都文京区本郷1-28-36-301展転社内
電話 03−3815−0721 FAX 03−3815−0786
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-08-03 10:02 | 行事案内