右翼民族派総合情報ブログ

shinkoku.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

季刊 大吼 第264号

c0160288_9443288.jpg


政治結社大行社機関紙の「季刊 大吼」(編集発行人 蜷川正大氏)より、最新の第264号が発刊されました。
その内容を以下にご紹介します。


◆グラビア
大行社新年総会
紀元節奉祝 大行社統一街宣
大日本一誠会 対島防衛隊結成式
第46回 日本同盟年次大会
◆主張 日本の底力が発揮されるとき 三本菅啓二
◆大行社新年総会本会議
◆険しい維新への道(その1) 猪野健治
◆なぜ濱口首相を撃ったか 佐郷屋嘉昭
◆獄中手記 衆議院議員石井紘基刺殺事件の真相(正・続)  テロと回想 伊藤白水
◆獄中手記 建国義勇軍・国賊征伐隊事件 我未だ花守りにあらず 木村岳雄
◆新春 大行社青年活動家鼎談 青春・運動・肉体言語 天誅を下すべき政治家は誰か
◆我が家系と靖国神社(最終回) 堀雅昭
◆萬葉集を讀む 四宮正貴
◆日本の誇る侍たち 直江山城守兼続 郡順史
◆編集後記


購読申し込みなどは、下記まで宜しくお願いします。

季刊 大吼
郵便番号108-0014
東京都港区芝4丁目5番12号 三田ハイツ1002号
電話 03-3452-7306
FAX 03-3456-3408
編集発行人 蜷川 正大
発行所 大吼出版

定価・1050円(送料92円)
(本体1000円)
予約購読料 4568円(送料含)

郵便振替・00150-7-661239 大吼出版
〈大取次店〉トーハン・日販

なお、こちらの「季刊 大吼」は、紀伊国屋書店や書泉グランデなど、一部の大型書店にて取扱いがございます。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-07-31 09:43 | 機関紙・冊子紹介
2009年 07月 30日

天地無辺 第20號

c0160288_9363844.jpg


政治結社同血社中央本部の機関紙「天地無辺」から最新の第20號が発行されましたので、その内容を紹介させて頂きます。


◆皇國の意義と皇軍の本領 =未熟にして封印を解すは理に逆ふもの也= 編輯・發行人 河原博史
◆会津武士道修得合宿懇親會
◆眞の日本人として 日本實踐奉仕團 志賀智仁
◆水戸の氣質と天狗黨 七 =白雪を鮮血で染めた尊攘義軍= 言論同志會 代表 平澤次郎
◆日本を危うからしめるもの 12 先人との黙契なき時代 望楠社代表 小田のぼる
◆同血社備忘録
◆亞弗利加大陸で見た、植民地政策の残滓(其の壱) 同血社東京港區分室 室長 村松秀昭
◆編輯後記


購読申し込みなどは、下記まで宜しくお願いします。

發行所 天地無辺編輯部
郵便番号220-8691
中央郵便局私書箱第113號
同血新聞社「天地無辺」係
電話 045-312-1555
同血社中央本部
帝都港區海岸1-6-1
イトーピア濱離宮8階823號室
電話03-5402-3665(代表)
編集発行人 河原博史

季刊發行 年四囘(購讀料三百圓)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-07-30 09:31 | 機関紙・冊子紹介
2009年 07月 28日

8・9広島長崎の原爆投下に抗議する横須賀反米集会のご案内

オバマ大統領を首班とする米国新政権は、核兵器の廃絶などという「お前らが何を言ってんだ」という、超パラドックスな事を平然と言っている。
人類の平和的な道に逆らい、核兵器を使用したのは唯一アメリカ合衆国であり、その戦争犯罪を平然と棚に上げて、我が国を人道に対する罪などという罪名で戦争犯罪として裁いたのも、そのアメリカが主導とした極東軍事法廷なる馬鹿げた舞台である。
はっきり言って、今更なにが「核兵器の廃絶だ!」
そんな奇麗事をいうならば、まずは広島長崎に対する原爆投下という過ちに対して謝罪して、そして東京裁判の茶番を認めてから言うのが、国際社会における信義であり人としての筋であろう。
我々は、彼の国アメリカの欺瞞を認める訳には断じて行かない!
広島長崎で犠牲になられた同胞に対する謝罪と、戦争責任を認め、東京裁判の茶番劇を過ちとして認めさせ、全ての戦犯犠牲者に対する謝罪を求めるものである。
そんな趣旨のもと、本年も下記要項により、
「広島長崎の原爆投下に対する反米集会」を開催するものである。
日時:平成21年8月9日日曜日
集会:午後5時から
デモ:午後6時より
場所:横須賀ヴェルニー公園
主催:8・9広島長崎の原爆投下に抗議する反米集会実行委員会
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-07-28 09:28 | 行事案内
2009年 07月 25日

建設乃詞 第六号

c0160288_2222133.jpg


愛倭塾の機関紙「建設の詞」(編集発行人 山口秀明氏)より、最新の第6号が発刊されました。
その内容を以下にご紹介します。

◆不作為の罪 編集発行人 山口秀明
◆機動隊予算獲得の暴挙 愛倭塾 行動隊長
◆総選挙の混乱を予測して 近代政治に終止符を 福田草民
◆猫の目を借りて 札幌市 山田眞弓
◆運動報告
◆編集後記



購読などの詳細は、下記まで宜しくお願いします。

〒134〜0083 東京都江戸川区中葛西6〜10〜8
                 メゾンドプチラメール401
電話03〜3869〜3396 
発行所 愛倭時報社 編集発行人 山口秀明
季刊発行 年四回 購読料百円
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-07-25 22:21 | 機関紙・冊子紹介
2009年 07月 23日

レコンキスタ 第362号

c0160288_2251840.jpg


一水会機関紙の「レコンキスタ」(発行人 木村三浩氏、編集人 三村真一郎氏)より、最新の第362号が発刊されました。その内容を以下にご紹介します。

◆憲法改正・日米安保破棄・自存自衛 穂苅純一郎
◆最新アメリカ事情 〜ナサニエル・スミス氏に聞く〜
◆鳥海茂太氏が旭日小綬章を叙勲
◆代表活動日誌 木村三浩
◆【一水会フォーラム講演録】孫崎享先生 『日米同盟の正体』
◆民族派動向▽連帯そして前進
無名烈士八十五年法要が斎行される
魂を揺さぶる「月刊日本」
「情況」に木村代表が寄稿
太田龍氏のご冥福をお祈り致します
◆堀辺正史師範『非理法権天』 第七回
◆第3回 木村ゼミレポート
◆奥山篤信のこの映画!12『愛を読むひと』
◆JR浦和電車区事件を考える・第二回
◆平成文化大革命 鈴木邦男
◆書評・月山新聞
◆美しい日本の家族 第5回 池内ひろ美
◆『ゴーマニズム宣言SPECIL 天皇論』書評・古澤圭介
◆足利事件 初動捜査が甘くなり冤罪が発生している
◆東奔西走

購読申し込みなどは、一水会まで宜しくお願いします。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-07-23 22:00 | 機関紙・冊子紹介
2009年 07月 21日

7/20祝日法改正要求演説会の報告

c0160288_21595848.jpg


7月20日、日本文化防衛のため、東京の有楽町マリオン前で午後一時から「祝日法改正要求演説会」が防共新聞社の近藤勝博遊説隊長の呼びかけにより開催され、多くの同憂同志が集まった。演説会では、我が国の祝祭日と歴史伝統に対する思いをそれぞれが熱く訴え、午後五時まで続けられて盛況に終わった。

登壇弁士(登壇順)
司会 近藤勝博同志
福田邦宏同志
石田和久同志
三澤浩一同志
渡邊昇同志
金友隆幸同志
上田一元同志
岩田雅史同志
山川裕克同志
渡邊昇同志(2回目)
芹沢紀明同志
金友隆幸同志(2回目)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-07-21 21:50 | 活動報告
2009年 07月 20日

広島 憲法改正核武装ビラまき街宣のお知らせ

広島で憲法改正核武装ビラまき街宣

今年も8月6日、平和と安全保障を考えなければならない日が近づいてきました。
私達は、我が国の平和と安全保障を護るため憲法改正と核武装を強く求めます。
(私は個人的には憲法破棄を主張しますが、この作戦では一般的に「憲法改正」と呼称します。)
下記要領で、ビラまき街宣を行いますのでご参加ください。

日時 8月1日(土) 午後2時〜3時半頃
場所 広島市紙屋町交差点
    ※ 時間、場所は『予定』につき警察と相談の上
      変更する場合があります
主題 憲法改正核武装
主催 日本未来会(仮称;広島)
    主権回復を目指す会・関西 他
実行 M情報  090-3710-4815
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-07-20 22:43 | 行事案内
2009年 07月 19日

第17回国体文化講演会のご案内

■第17回国体文化講演会

演題/グローバリズムの危険性—国体を護るために知っておきたいこと

講師/金子宗徳(里見日本文化学研究所主任研究員・姫路獨協大学法学部講師)

日時/平成21年7月29日(水) 18時30分

場所/中野サンプラザ8階1号室[JR・東京メトロ中野駅北口下車徒歩1分]

会費/無料
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-07-19 22:34 | 行事案内
2009年 07月 18日

7/20「祝日法改正要求演説会」のお知らせ

来る7月20日、日本文化防衛のため、昨年同様に「祝日法改正要求演説会」を開催したく存じます。
祝祭日が何故祝祭日であるか。日本文化の真姿が何故そこにあるか。を世に訴えたく存じ上げます。世間を省みれば、翌日にも衆議院が解散するようですが、日本文化を防衛するのは、あさましい政治屋でも、役人共でもありません。われ等臣民がいま日本文化を思い「政治・経済」でさえも文化と道統に依り築かれ機能しているといっても過言ではない現実を訴えて行こうではありませんか。


☆日時
7月20日(月/海の日)正午より

☆場所
有楽町マリオン前

当日は大変お忙しいとは存じますが、同志方お誘い合わせの上ご参加いただければ、幸いに存じます。

防共新聞社遊説隊 近藤勝博 拝
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-07-18 01:31 | 行事案内
2009年 07月 17日

「8・9広島長崎大虐殺に抗議する青年集会」のご案内

「8・9広島長崎大虐殺に抗議する青年集会」


トキ・平成21年8月9日日曜日

17時より集会開始(30分前には御参集下さい)

18時よりデモ出発


トコロ・大阪日本橋「日東公園」(堺筋・日本橋4丁目南交差点を東へ約100米)


デモコース・日東公園〜堺筋〜千日前〜御堂筋〜難波「小森ビル」前流れ解散(19時頃)


国旗・団体旗・幟・拡声器など持ち込み歓迎致します。



「広島長崎原爆投下大虐殺への怒りを街頭で表現しよう」

同志同憂の奮ってのご参加をお待ち申し上げます。


主催・大東亜青年倶楽部
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-07-17 09:33 | 行事案内