<   2009年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 20日

國の子評論 第六号

c0160288_23462710.jpg


國の子評論社の機関紙「國の子評論」(編集・発行人 横山孝平氏)より、最新の第五号が発刊されました。
その内容を以下にご紹介します。

■バラク・フセイン・オバマ新大統領に呈す
■オバマ大統領就任演説を糾す
■二・二六事件そして英霊の聲
■寄稿「思想としての野分祭」―戦闘的運動論の提唱―島田康夫氏
■維新の源流としての水戸学考《序》
■随想⑥ ビルマにて
■連載 命のエッセイ⑤ 語り継ぐ、という慰霊  小島貴之
■神典からの出発④『神と高まるみたま』を読んで
■神宮参拝禊会の案内
■1、2月度「活動報告」
■編集後記



購読などの詳細は、下記まで宜しくお願いします。

「國の子評論」
隔月刊
編集・発行人 横山孝平
年間購読料 三千円
一部定価 五百円
郵便振替 10160−52941891

購読希望の方には「見本誌」(無料)を送らせていただきます。
yokoyama-k@chime.ocn.ne.jp
(スパム防止のため、@を小文字に直してお申し込みください。)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-03-20 23:51 | 機関紙・冊子紹介
2009年 03月 18日

第十七囘「草莽崛起の集い」の御案内

謹啓 浅春の候、皆樣に於かれましては益々御清祥のことゝ御慶び申上げます。

此度は、月刊日本主幹・南丘喜八郎先生に御講演を御願ひ致しました。

南丘喜八郎先生は昭和二十年、和歌山縣で生まれ、早稻田大學政治經濟學部を卒業。昭和四十四年、㈱アール・エフ・ラジオ日本に入社。同・報道部長、取締役論説室長を經て退社。慶應義塾大學法學部講師などを務め、現在に致つてをります。

「月刊 日本」は戰後日本を糺す可く、正しき國民精神の發揚を目的とした數少ない愛國誌のひとつであり、南丘先生の崇高なる志を感ぜずにをられませむ。

刻下日本は再生するを急務であると知りながら、未だ政界は自民と民主の不毛なる泥試合に支配され、腐敗の連鎖が出口の見えぬ迷妄國家となつて一億民の希望を喪失せしめてゐる現状であります。一方で、田母神論文に對する在野の注目、神社に對する參拜者の増加などを鑑みるとき、即ち政治に對する絶望と民族覺醒のふたつを確信せざるを得ませむ。

近未來に訪れるであらう愛國運動の澎湃を前にして、我々の大使命の所在を今一度確認す可く、南丘先生に今囘の演題を頂戴して皆樣と共に考究致したいと切に願ひます。

敬白

------------------------------------------------------------------



●講師 : 南丘喜八郎先生(月刊日本 主幹)
●演題 : 「よみがへれ、日本」
●日時 : 平成二十一年 四月 十九日 (日曜日)
十八時 三十分 開場
十九時     開演
● 會場 : 神奈川縣民センター三〇一會議室
● 住所 : 神奈川縣横濱市神奈川區鶴屋町二―二十四―二
● 電   話 : 〇四五―三一二―一一二一番
● 會場整理費 : 二千圓

● 懇親會時間 : 二十一時 三十分 ~
會費 : 三千圓 (懇親會の參加を希望される方は當日受付でその旨御傳へ下さい)                                                                                    
●事 務 局 : 〇四五―二九〇―五〇〇〇(同血社神奈川縣聯合)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-03-18 22:47 | 行事案内
2009年 03月 16日

田母神俊雄講演会のお知らせ

田母神俊雄先生(前・航空幕僚長)

「日本は侵略国家であったのか」


☆日時

3月23日(月)
午後6時〜開場
午後7時〜開会


☆場所

横浜情報文化センター 6階 情文ホール

みなとみらい線「日本大通り」情文センター口より0分
JR・横浜市営地下鉄「関内」より徒歩10分

※ホールは230席ですのでお早めにご来場ください


☆講演会費

1000円


☆主催

日本が大好きな人たちの会(代表・加藤秀郷)


☆協賛

野村秋介思想研究会(会長・藤巻強)

大悲会(会長代行・志村馨)


☆講演会事務局

電話045-232-8058
携帯090-9956-6922
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-03-16 01:15 | 行事案内
2009年 03月 14日

防共新聞 平成21年3月1日号(1141号)

c0160288_0101847.jpg


防共新聞社より、防共新聞(発行編集印刷人 福田草民氏)の最新の平成21年3月1日号(1141号)が発刊されました。その内容を以下にご紹介します。

※見出し一覧
◆共産党は暗黒社会を目指す(福田草民)
◆(一刀両断)核武装の真意(近藤勝博)
◆政府は竹島奪取の気概を見せろ
◆皇道派青年将校決起より73年
◆日本は底を知るべきだ(同血社神奈川県連合・中村宏樹)
◆田母神将軍を支持するぞ!=空軍大将の名誉を守れ=(三澤浩一)
◆君民一体に差別無し=政府の政治は平等無し=

申し込みはboukyoupress@s02.itscom.netまで
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-03-14 23:12 | 機関紙・冊子紹介
2009年 03月 11日

外国人参政権反対大集会のご案内

侵食される日本人 移民・国籍・参政権

日時 3月20日(金・祭) 午後2時〜4時30分
場所 豊島区民センター 5階
会費 1,000円 学生無料 参加希望者は当日現地にお越しください。

第一部 基調講演  講師 百地 章先生(日本大学教授)
第二部 議員登壇
      都議会議員 区議会議員 同候補者多数
主催  外国人参政権に反対する会・全国協議会
     代表 神田賢斗
問い合わせ先
 haruki07@guitar.ocn.ne.jp
fax 049−237-6217
 携帯 090-7055−2500 村田春樹
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-03-11 10:00 | 行事案内
2009年 03月 09日

月刊 志気 三月号

c0160288_0242220.jpg


政治結社大行社相模支部機関誌の「月刊 志気」(編集発行人 小針政人氏)より、最新の三月号(通巻二十六号)が発刊されました。
その内容を以下にご紹介します。


◆今月の主張 思い過ごしも備えの内 小針政人
◆特別寄稿 神国の淵源が存するところ —「教育勅語」を体現する真日本人となろう— 國の子評論社 社主 横山孝平
◆寄稿  ぼくたちの約束 大行社時局対策実行委員会副委員長 木川智 
◆投稿 失敗を胸に刻んで 大行社相模支部 山口健一郎
◆「慰安婦問題」強制連行の事実はまったくない! 「河野長官談話」を取り消し国民に謝罪せよ! 評論家 加藤正夫
◆新連載 浪曼派的評論 第2回 宇宙に鳴り響く言葉『アクロス・ザ・ユニバース』 麻喜多仁憲
◆これ、どう思いますか? 中川財務省が辞任、G7後の醜態会見で引責
◆連載 清水行之助先生遺稿 大行 〈第八回〉
◆連載 黙ってられるか! 連載第14回 第三章・献身なき宗教家への警告
◆ブログ・こまさの寝言
 「法の陰と壁」
 「病院の都合」
 「自殺行為」
◆編集後記


購読申し込みなどは、下記まで宜しくお願いします。

発行所 大行社相模支部 広報局
〒241-0802
神奈川県横浜市旭区上川井町2187
TEL/FAX 045-349-6212
編集発行人・小針政人
郵便振替番号 00200-3-77265(大行社相模支部)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-03-09 23:31 | 機関紙・冊子紹介
2009年 03月 08日

第92回一水会フォーラムのご案内

第92回一水会フォーラム

日時・平成21年3月17日(火)/18時30分開場・19時開会
演題・『中国とどうつき合うか〜現代における尊皇攘夷とは〜』
講師・伊波新之助先生
(ジャーナリスト・元朝日新聞編集委員)
場所・ホテルサンルート高田馬場/3階会議室
会場整理費・2000円(レコンキスタ最新号込み)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-03-08 23:05 | 行事案内
2009年 03月 07日

実話マッドマックス 4月号

c0160288_23541519.jpg


コアマガジンから発売された『実話マッドマックス』に「【緊急特集】衝撃!これが右翼国賊リストだ!」と題して、民族派団体の幹部達が、井伊直弼から麻生太郎に至るまで、「コイツこそは国賊だ!」と思う輩を理由と一緒にあげております。

登場されるのは、
大日本朱光会 阿形充規 最高顧問
一水会 木村三浩 代表
防共新聞社 福田草民 主幹
大行社 丸川仁 本部長
大日本愛国党 舟川孝 総隊長
同血社 河原博史 会長
などが「国賊」について語っておられます。
お求めは全国のコンビニなどで。定価550円。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-03-07 23:52 | 機関紙・冊子紹介
2009年 03月 06日

3/10 陸軍記念日奉祝街宣のご案内

来る三月十日(火)
陸軍記念日奉祝街宣を執り行います。

集合場所 大磯八坂神社

集合時間 午前十時

当日は大磯八坂神社参拝後故小早川貞夫先生のお墓参りをした後に出発し、奉祝街宣を展開し横浜駅西口に向かい午後ニ時より横浜駅西口で友好団体と共に演説会を展開致します。
急なご案内で申し訳ありませんが各団体の皆様におかれましてはご協力のほどお願い申し上げます。
当日の横浜駅西口演説会からのご参加もお待ちしております。
尚、当日大磯八坂神社にご参加いただける団体様におかれましてはささやかではございますがお弁当をご用意させて頂きますのでお手数ですが三月八日(日)までに参加人数のご連絡を頂ければ幸いです。

*当日は各団体道路使用許可でお願いします。

連絡先
義友同志会 松崎剛拓
09024060553

以上、メールでのご案内失礼とは存じ上げますが宜しくお願い申し上げます。

義友同志会
会長 伊藤 忍
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-03-06 08:20 | 行事案内
2009年 03月 05日

月刊 狼煙 第三十六号

c0160288_2272639.jpg


同血社神奈川県連合機関紙の「月刊 狼煙」(編集発行人 中村宏樹氏)より、最新の第三十五号が発刊されました。その内容を以下にご紹介します。

◆自民党決別は民意である 〜自民党は保守として返り咲けない〜
◆米国の期待に応じるな 〜米国の本音は日本との無理心中だ〜
◆戦後体制脱却の哲学を確立せよ 〜悲憤慷慨からは何も産まれない〜
◆活動報告1 皇紀二千六百六十九年紀元節 〜民族派有志連帯運動〜
◆活動報告2 二・二二韓国政府の内政干渉に物申す 〜神奈川県大会〜
◆活動写真 【紀元節奉祝民族派有志連帯運動】【義二・二二韓国政府の内政干渉に物申す神奈川県大会】
◆同血社神奈川県連合日誌 〜皇紀二千六百六十九年二月〜
◆お知らせ
◆編集後記

購読の申し込みなどは、下記まで宜しくお願いします。

郵便番号二二〇ー〇〇二三
神奈川県横浜市西区平沼二−十四ー五 リブステージ横浜五〇五号室
電話〇四五(二九〇)五〇〇〇番
FAX〇四五(二九〇)五〇〇一番
同血社神奈川県連合
機関紙「狼煙」編集部 編集発行人 中村宏樹

毎月一回月末発行
購読料定価 一部百円
年間購読料 一二〇〇円
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-03-05 23:17 | 機関紙・冊子紹介