<   2009年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 31日

第52回建国奉祝式典のご案内

第52回建国奉祝式典のご案内

【日時】 2月11日(水)午後2時

【会場】さいたま共済会館501,502集会室
 さいたま市浦和区岸町7−5−14
    (JR京浜東北線、浦和駅西口より徒歩10分)、

紀元節祭 国歌奉唱、橿原神宮遥拝
建国の大詔奉読、御製奉読

【映画視聴】
「平成のご巡幸」−鎮魂と平和への祈りー

【特別講演】
『天皇陛下ご即位20年と誇りある国づくり』
講師 日本会議事務局次長、野崎昭夫

【会費】1000円

【主催】埼玉建国奉祝会 代表染谷高実

【後援】維新政党・新風埼玉県本部 日本会議埼玉
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-01-31 22:56 | 行事案内
2009年 01月 30日

第91回一水会フォーラムのご案内

日時・平成21年2月17日(火)/18時30分開場・19時開会
演題・『最新の北東アジア情勢と我が国の決意』(仮)
講師・青木理先生
(ジャーナリスト・元共同通信記者)
場所・ホテルサンルート高田馬場/3階会議室
会場整理費・2000円(レコンキスタ最新号込み)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-01-30 22:53 | 行事案内
2009年 01月 29日

2・22韓國の内政干渉に物申す神奈川縣大會の御案内

拜啓 新年を迎へ、我が國は昨年にも増し、政局の混迷・不況の惡化・雇用の深刻化等々、國愈々亂れるの極みに達せむとしてをります。かゝる問題を前に耳目は國内に奪はれがちでありますが、外に目を向ければ依然として隣國に依る對日侮蔑甚しく、斯樣なる嚴しい状況下であるからこそ我々は外敵よりの脅威を斷乎排撃しなければなりませむ。換言すれば、外壓に抗ぜむとすることに擧國覺醒の氣運が鼓吹されることは歴史の證明するものであり、是ぞ我々の本意とす可くの眞骨頂であると考へます。

聰明なる皆樣御承知の如く、二月二十二日は「竹島の日」であります。竹島を巡つては、日本政府が韓國政府の不當にして不法なる介入を許したがゆゑ、現在武裝占據されるに致つてをります。更に韓國は、歴史認識の相違、戰後賠償問題を巡り今なほ、日本に謂はれなき要求を續け、我が國の主權そのものを侵害してをります。

ゑつて我々は來る二月二十二日、左記要領に基づき大會を開催するはこびと相成りました。

諸先生諸先輩、同志道友の皆樣に於かれましては御多忙のことゝ存じますが、御誘い併せの上、御參加願ひますやう御案内申上げる次第で御座います。敬具



〈日時〉平成二十一年 二月二十二日(日曜日) 雨天決行

□ 第一部・集 會(十四時より)横濱公園(横濱市中區横濱公園一—三)

□ 第二部・徒歩行進(十五時より)集合地點・解散地點同じ

※ 日章旗・旭日旗・會旗・隊旗・大會の主旨に沿つた幟、プラカード、ハンドマイク等歡迎致します。

※ 原則として服裝は自由ですが、華靡なるものや行進に適さない服裝は御遠慮下さい。

※ 駐車場の用意は御座いませんので、交通機關を御利用して戴ければ幸ひです。

※ 一般の方、亦は御家族・隣人の方々も御誘ひ併せの上、御參加下さいますれば幸甚です。

〈呼び掛け〉神奈川有志の會 (呼び掛け人代表・三田忠充)

愛心翼賛会・菊水國防連合・義信塾・大行社相模支部・大悲会・同血社・日乃丸革新社・憂国清心同友会 (五十音順)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-01-29 22:28 | 行事案内
2009年 01月 27日

竹島・北方領土返還要求運動県民大会参加者募集のご案内

竹島は日本固有の領土です!

平成21年は竹島の島根県告示から104周年です。
韓国による不法占拠から56年目です。

「竹島の日」記念行事、竹島・北方領土返還要求運動県民大会参加者募集について

平成21年2月22日(日)に開催する「竹島の日」記念行事、
竹島・北方領土返還要求運動県民大会の参加者を募集します。

「竹島の日」記念行事参加者募集案内

1.開催日時等
(1)日時  平成21年2月22日(日) 午後1時から4時まで
(2)場所  松江市殿町158 島根県民会館中ホール
(3)主催  島根県、島根県議会、竹島・北方領土返還要求運動島根県民会議
(4)募集人数  200人程度

2.内容
(1)記念式典     午後1時〜1時50分
   主催者・来賓の挨拶、感謝状の授与等

(2)領土問題講演会  午後2時〜4時
   講演 演題 領土問題と国政の現状
   講師 山谷えり子氏
  (参議院議員、日本の領土(竹島、尖閣諸島等)をまもるため行動する議員連盟会長)

   講演 演題 全国に先駆ける島根県の竹島問題学習について
          〜竹島学習副教材の作成に当たって〜
       講師 伊藤博敏氏(Web竹島問題研究所研究スタッフ)

   講演 演題 最近の竹島問題に関する論争点について
          〜外務省「竹島10のポイント」への反論を批判する〜
       講師 下條正男氏(拓殖大学国際学部教授)
    注) 下條氏の講演は「第9回竹島問題を学ぶ講座」を兼ねます。

3.募集期間
  平成21年1月16日(金)〜2月9日(月)必着

4.応募方法及び注意事項
 ・必ず「往復はがき」又は「返信用はがきを同封した封書」で下記まで郵送してください。
 ・往復はがき又は封書には「記念行事参加希望」と記入してください。
 ・返信はがきは、応募者一人につき1枚とし、宛先の住所、氏名を明記してください。
 ・返信はがきが入場整理券となりますので、当日は必ず持参してください。
 ・先着順に受付をし、定員になり次第募集を締め切ります。
 ・返信ハガキが2月18日前までに届かない場合は下記までご連絡ください。
  〒690-8501 松江市殿町1番地 島根県総務部総務課竹島担当
   電話:0855-52-6766又は5916
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-01-27 23:16 | 行事案内
2009年 01月 25日

季刊 大吼 第263号

c0160288_2254588.jpg


政治結社大行社機関紙の「季刊 大吼」(編集発行人 蜷川正大氏)より、最新の第262号が発刊されました。
その内容を以下にご紹介します。


◆グラビア
 蒋介石総統銅像20年祭
 第七回反中共デー東京大会
 野村秋介追悼十五年「群青忌」
◆主張 斉にあっては太子の簡 三本菅啓二
◆大行社・元総統蒋介石公謝恩銅像献立事業計画趣意書
◆大行社建立 元総統蒋公謝恩銅像献立20周年 記念式典挨拶 三本菅啓二
◆元総統蒋公謝恩銅像献立20周年 黄建華桃園県風景区管理所長挨拶(訳文)
◆元総統蒋公謝恩銅像建立20周年記念式典報告記 丸川仁
◆訪台の感激を更なる飛躍に 青山徹
◆日本・台湾・蒋介石 四宮正貴
◆鼎談 行動右翼の行方 —大同団結・全国規模の統一運動を摸索する—
◆日本政府は「尖閣」領有権の根拠を主張せよ 高花豊
◆第七回9・29反中共デー東京大会ご報告
◆第七回9・29反中共デー東京大会ご報告決議
◆名刺広告
◆野村秋介追悼十五年「群青忌」追悼講演 小林節 野村思想の再発見
◆一水会による 内閣総理大臣に対する八ヶ条の提言と「第二の栗栖問題」における所感
◆満州事変に呼応した錦旗革命事件(後編)
◆我が家系と靖国神社(第三回) 堀雅昭
◆萬葉集を讀む 四宮正貴
◆読者投稿 ブラジル移民百年を迎えて
◆日本の誇る侍たち 前山清一郎長定 郡順史
◆編集後記


購読申し込みなどは、下記まで宜しくお願いします。

季刊 大吼
郵便番号108-0014
東京都港区芝4丁目5番12号 三田ハイツ1002号
電話 03-3452-7306
FAX 03-3456-3408
編集発行人 蜷川 正大
発行所 大吼出版

定価・1050円(送料92円)
(本体1000円)
予約購読料 4568円(送料含)

郵便振替・00150-7-661239 大吼出版
〈大取次店〉トーハン・日販

なお、こちらの「季刊 大吼」は、紀伊国屋書店や書泉グランデなど、一部の大型書店にて取扱いがございます。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-01-25 22:45 | 機関紙・冊子紹介
2009年 01月 23日

紀元節民族派有志連帯運動の御案内

拝啓 大寒の候 諸先生・諸先輩、同志道友の皆様に於かれましては、益々御清祥のことと御慶び申上げます。
 きたる二月十一日は皇國の建國を奉祝する「紀元節」です。遡ること二千六百六十九年前、 神武天皇が奈良橿原の地に於いて御即位あそばされたのち、皇都を開き、肇國を宣言されました。我が國の世界無比たる萬世一系の國史を鑑みれば「紀元節」の呼稱こそ相應しく、暦上に復活させることが急務であると考へます。
 本年は 天皇陛下御在位廿年、 天皇皇后両陛下御結婚五十年の記念す可き年です。この佳き年に在野有志の皆様と共に、神州不滅・皇國彌榮・擧國覺醒を祈念いたし本大會を開催する運びとなりました。
 時節柄、御繁忙のことと存じますが、諸先生、諸先輩、諸兄皆様の御参集を賜りますれば幸甚であります。
敬具
平成二十一年一月吉日



平成二十一年 二月十一日(水曜日)雨天決行
◇ 第一部 十三時〜 集會 (代々木公園イベント廣場)
     東京都渋谷区神南2−3
◇ 第二部 十四時〜 奉祝徒歩行進 (出発及び解散地點右に同じ)
 ※ 日章旗・旭日旗・主旨に沿った幟、プラカード等歓迎致します。
 ※ 服装自由、隊服着用可、會旗・隊旗掲揚歓迎
 駐車場の用意は御座いませんので、交通機関を御利用して御越し頂きたく存じます。車で御越しの際は御近くの駐車場を御利用下さい。
 ※ 一般の方も御誘ひ併せの上、御参加下さいますれば幸甚です。

大會實行委員長 花野悟史(励志救國協議會)
實行委員
猪股正征(愛倭塾)
岡田浩(魂守の会)
笠原大輔(維新青年同盟東志会)
福田俊幸(皇憂楠心塾)
三塚正宏(日乃丸青年隊)
村松秀昭(同血社)
山川裕克(愛心翼賛会)五十音順

(大會事務局)東京都足立区神明南1−1−21ー202號
電話 090−8569−9191 (岡田浩)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-01-23 23:35 | 行事案内
2009年 01月 21日

産霊 第五号

c0160288_23283845.jpg


青年意志同盟青水塾総本部機関紙の「産霊」(編集発行人 坂田昌己氏)より、最新の第五号が発刊されました。
その内容を以下にご紹介します。

◆天津日嗣 天壌無窮 万世一系 発行人 坂田昌己
◆日本の「尊皇精神」を問う 金友隆幸
◆明治節奉祝仙台大会教育勅語復元への祈り
◆「アジア解放の聖なる戦い!国民総意の12・8大東亜戦争開戦記念日」有志連帯運動
◆敬神生活 連載 (五) 三種の神器の鏡・玉・剣は、人間生活の基準である!
◆日々愚飲
◆活動報告 平成二〇年十月〜十二月



購読申し込みなどは、下記まで宜しくお願いします。

発行所 産霊編集部
青年意志同盟青水塾総本部
〒981-3109
宮城県仙台市泉区鶴が丘三丁目8番地の2号
TEL・FAX022-374-3779

発行人 坂田昌己

発行 年4回(1、4、7、10月)
(購読料1部50円)
(年間購読料200円)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-01-21 23:20 | 機関紙・冊子紹介
2009年 01月 19日

建国祭2669のご案内

主催建国祭実行委員会

日程2009年 2月 11日(水)
18:30開場 19:00開演

会場AMRAX amate-raxi
東京都渋谷区渋谷3-26-16
電話:03-3486-6861

出演護国勤皇楽団
MC:まかべまお(レースクイーン)
鳥肌実


料金前売 3,500円
当日 4,000円
お問合せ建国祭実行委員会
電話:03-3751-6244

チケット販売は限定150名様となります!
申込定員に達しましたら受付を終了いたしますので、ご購入希望の方は
お早目にお申し込みいただきますようお願いいたします。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-01-19 02:14 | 行事案内
2009年 01月 17日

新風神奈川講演会のご案内

c0160288_9172039.jpg


維新政党・新風 神奈川県本部では、あの田母神前航空幕僚長をお招きし、下記日程にて講演会を開催致します。

「田母神俊雄前航空幕僚長来る!」

【日時】平成21年2月15日(日)

    午後2〜4時(午後1時30分開場)

【場所】かながわ県民活動サポートセンター402号会議室

【講師】田母神俊雄・前航空幕僚長

    昭和23年生まれ(60歳)。福島県郡山市出身。

    昭和46年、防衛大学校卒業(15期)。

    平成14年、統合幕僚学校長

    平成19年、第29代航空幕僚長。

【演題】日本は侵略国家であったのか

【会費】1500円(先着90名)

【連絡】維新政党新風・神奈川県本部

当日は、代表 溝口敏盛 090(7272)2305 まで。

講演終了後、講師を囲んでの懇親会を予定しております(実費)。

講演会・懇親会の参加に関しまして予約は不要、不可となっております

当日のご来場をお待ちしております。

よろしくお願いします。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-01-17 09:20 | 行事案内
2009年 01月 15日

第25回「紀元節奉祝式典」ご案内

謹啓 厳冬の候 愈々ご清祥のことと拝察申し上げます
さて 本年は皇紀二千六百六十九年 紀元の佳節たる二月十一日当日 神武天皇肇国のいにしへを偲び 第二十五回「紀元節奉祝式典」を左記により開催致します
天皇陛下御即位二十年といふ御慶事を迎へ 尊台のご参列を仰ぎ 共に奉謝の誠を捧げ尽忠報国の誓ひを新たに致したく茲に謹んでご案内申し上げます
敬具



☆日時
平成21年2月11日(祝/水)午後4時〜6時

☆式場
日本青年館地下中ホール

☆紀元節祭
神武天皇即位建都の大詔奉読・紀元節の歌奉唱など

☆記念講演
田母神俊雄氏(前航空幕僚長)
「日本は侵略国家であったのか」
参加費 一千円(学生無料)

☆事務局
03-3918-9524(三澤浩一)

紀元節奉祝式典実行委員会
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-01-15 02:06 | 行事案内