<   2008年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 13日

天皇陛下御即位二十年奉祝記念提灯行列のご案内

「天皇陛下御即位二十年奉祝記念提灯行列」

「12月23日は、天皇陛下の御誕生日で在ります。」

日時:12月23日(火) 午後3時半 集合(受付15:30〜出発17:00終了19:00頃)
※雨天決行

会場:出発地 靱公園 東園(大阪府大阪市西区靱本町)

行進順路: 靱公園→御堂筋南下→難波西(流れ解散)「約2km」

注意事項
※横断幕、提灯は実行委員会で用意しております。(ハンドマイク、メガホン、国旗持参大歓迎)
※近接に駐車場はありません。
※平服でご参加ください。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-12-13 21:08 | 行事案内
2008年 12月 12日

天長節奉祝日乃丸大行進の御案内

拝啓 向寒の候、諸先生・諸先輩、同志諸兄におかれましては、ますますご清祥の事とお慶び申し上げます。

きたる十二月二十三日は 天皇陛下御生誕の日であります。天長節は街頭や家々に国旗日乃丸を掲げては億兆心を一に祝福す可き日です。毎年この日を前後して、民は基督の生誕に心踊らせ、街は虚飾に彩られます。しかし伴天連のもの真似に急いではみるものの、天長節を祝福せず皇恩を忘れ、千代八千代の弥栄を祈願し奉ることなくして、どうして日本人たるの誇りと面目が保たれましょうか。

因って我々はこの佳き日をお祝いし、併せて天長節呼称復活運動を天下に広める可く左記要領にて本大会を開催する運びとなりました。

本年は 今上陛下御即位二十年の記念すべき年にあたります。

時節柄御繁忙のことと存じますが、諸先生・諸先輩、同志諸兄に於かれましては何卒御誘い併せの上、御参加下さいますよう伏して御願い申し上げます。敬具                                            
 平成二十年十一月吉日
          
            記
( 日 時 )平成二十年 十二月二十三日(火曜日)雨天決行
         第一部  十七時〜 集会
         第二部  十八時〜 日乃丸行進
( 場 所 )横浜公園 (神奈川県横浜市中区横浜公園一‐三)
※ 日章旗・旭日旗・幟・提灯等歓迎致します
※ 服装自由、隊服着用可、会旗・隊旗掲揚歓迎致します
※ 駐車場の用意は御座いませんので、交通機関を利用して御越し頂ければ幸いです。車でお越しの際は御近くの駐車場を御利用下さい

主 催  神奈川県維新協議会

菊水國防連合・菊水宝龍会・菊水鳳雄塾・菊水皇龍社・義信塾・義友連合会・義友連合会義友同志会・國士和心会・国風皇正塾・国風塾・全公連・善政会神奈川県本部・大日本建國同志会・大日本殉皇会・大日本勝魂社・天照義塾・日本郷志同盟和魂塾・日本郷志同盟誠会・日本護政会・日本民族青年同盟神奈川県本部・富嶽會・明鏡会(五十音順)

   大会実行委員長      市村悟(義信塾)
   (事務局)神奈川県横浜市泉区和泉町五九五二—三
           電話 〇四五—八一四—五五〇〇
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-12-12 02:08 | 行事案内
2008年 12月 10日

山陰初!映画「南京の真実」上映会のご案内

「南京大虐殺」一度は聞いた事がある言葉だと思います。
恐らく、歴史の授業で聞いたと思いますが、これは授業では実際にあった「真実の歴史」として教えられてます。だから、これについて疑問を持った事がある人は少ないでしょう。では、これを聞いてどう思いました?

「日本は悪い事をいっぱいしてきた」「おじいちゃん達は中国でいっぱい人を殺した」「中国の人には本当に悪い事をした」

こう思った人は大勢いると思います。
では、もしこの「南京大虐殺」がなかったとしたら。中国と今話題の日教組が日本人を大人しくさせるために作った「嘘」だとしたら、どう思いますか?
今までは「南京大虐殺はなかった」なんて事は言えない時代でした。言えないのではなく、言ってはならなかったのです。

「日本は悪でないといけない」「日本は反省しないといけない」

こう言わないと、マスコミや日中友好団体に叩かれる時代でした。
しかし、今は違います。日本には言論の自由があります。
そんな今だからこそ、実は中国の言うような「南京大虐殺」はなかったのだと言えるのです。

では、本当になかったのか。私達がいくらなかったと言っても、今まであると思ってた「歴史認識」を簡単に変える事はできないでしょう。だからこそ、この映画を見てほしい。これは「南京大虐殺の真実」を知るための、第1歩なのです。

日時:平成20年12月14日(日)12時開場、13時開演

場所:松江プラバホール(大ホール)
   島根県松江市西津田6丁目6番44号
   TEL(0852)27-6000

来賓:水島総(本作品の映画監督、日本文化チャンネル桜代表)
   濱口和久(栃木市長特別補佐)

主催:映画「南京の真実」島根上映実行委員会

後援:新しい歴史教科書を作る会、島根日日新聞、祖国と青年の会、日本会議(あいうえお順)

問い合わせ:090-4694-5712(澄田)

メールでのお問い合わせは、「南京の真実」島根上映委員会のHP内のメールフォームよりお願いします。
http://nankinshimane.blog.shinobi.jp/

尚、当日会場には駐車場が十分にありませんので、公共交通機関をご利用の上ご来場ください。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-12-10 00:43 | 行事案内
2008年 12月 09日

12・8大東亜戦争開戦記念日民族派有志連帯運動が開催

c0160288_22403799.jpg


昭和十六年の大東亜戦争開戦から、六十七年目を迎えた大東亜戦争開戦記念日の十二月八日、民族派有志は渋谷駅ハチ公口に集まり、正午から午後三時にいたるまで途切れることなく弁士がマイクを持って、大東亜戦争の意義を高らかに訴えた。

弁士(登壇順)
●坂田昌己同志
●花野悟史同志
●渋谷直樹同志
●金友隆幸同志
●山口秀明同志
●秋山一成同志
●長谷川光良同志
●志賀智仁同志
●小林俊文同志

c0160288_2240354.jpg


演説會の後、宮下公園にて集会を開催。実行委員長の坂田昌己同志より大東亜戦争の意義を正しく伝え広めていこうと挨拶にはじまり、数名の同志より連帯アピールが寄せられた。

集会後、渋谷の街を「聖戦大東亜戦争の侵略論粉砕!」「アメリカは広島、長崎の原爆犠牲者に謝罪せよ!」「対米従属政権を打倒せよ!」「アメリカ軍を追放し日本軍を創設せよ!」などとコ声高らかにシュプレヒコールをしながら渋谷の街をデモ行進した。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-12-09 22:53 | 活動報告
2008年 12月 08日

12・7大東亜戦争開戦記念反米集会が開催

c0160288_22371641.jpg


平成20年12月7日、大東亜青年倶楽部主催による「12・7大東亜戦争開戦記念反米集会」が大阪の日本橋「日東公園」で開催された。

午後4時より集会が開始され、国民儀礼の後、参加有志10名が連帯の挨拶を行った。

各々が、大東亜戦争の大義を語り、米国への怒りを叫んだ。

午後5時よりデモ行進。

日本橋の電気街から難波まで、約40名の集会参加者が、大東亜戦争の歴史的意義を、大阪市民に訴えた。

デモ行進終了後、総括集会が行われ、「12・7大東亜戦争開戦記念反米集会」は終了した。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-12-08 22:31 | 活動報告
2008年 12月 07日

月刊 狼煙 第三十三号

c0160288_1261127.jpg


同血社神奈川県連合機関紙の「月刊 狼煙」(編集発行人 中村宏樹氏)より、最新の第三十三号が発刊されました。戦線復帰を果たされた中村同志渾身の一作です。その内容を以下にご紹介します。

◆米国を見限れ! 〜米国は二度と立ち直れない〜
◆田母神論文は正論だ! 〜政府見解を糺せ〜
◆日々思う事
◆編集後記

購読の申し込みなどは、下記まで宜しくお願いします。

郵便番号二二〇ー〇〇二三
神奈川県横浜市西区平沼二−十四ー五 リブステージ横浜五〇五号室
電話〇四五(二九〇)五〇〇〇番
FAX〇四五(二九〇)五〇〇一番
同血社神奈川県連合
機関紙「狼煙」編集部 編集発行人 中村宏樹

毎月一回月末発行
購読料定価 一部百円
年間購読料 一二〇〇円
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-12-07 23:34 | 機関紙・冊子紹介
2008年 12月 06日

12・7横須賀反米集会のご案内

大東亜戦争の意義を
今こそ継承せよ!
12 ・7 横 須 賀 反 米 集 会 開 催

昭和16年12月8日、なぜ我が国は米・英・蘭に宣戦を布告したのであろうか!?
我々が住むこの祖国日本は、戦後の教育で教えるが如く、侵略戦争の汚名を甘んじなければならない国なのであろうか?
否、それは違う!
我が国は侵略国家群である西洋白人主義者達から祖国を守る為の自存自衛の戦いを行なっただけなのである。
そこには我が国だけの事では無く、侵略された国々の想いをもこめて「大東亜の解放」という素晴らしき大義も掲げられた戦い、それこそが大東亜戦争の本質なのである。
我々はその大東亜聖戦の意義を継承するために、米第七艦隊の母港横須賀にて反米集会を開催する。
来れ!横須賀反米集会へ!!

大東亜戦争開戦を記念する反米集会
場所 ヴェルク横須賀(勤労福祉会館)
日時 12月7日
   集会14時〜
   デモ15時〜
主催 12・7大東亜戦争開戦を記念する反米集会実行委員会
問い合わせ   統 一 戦 線 義 勇 軍 中 央 委 員 会
    0 4 5 – 353 –3083
hariya@giyuugun.jp
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-12-06 19:30 | 行事案内
2008年 12月 05日

月刊 志気 十二月号

c0160288_22284953.jpg


政治結社大行社相模支部機関誌の「月刊 志気」(編集発行人 小針政人氏)より、最新の十二月号(通巻二十三号)が発刊されました。
その内容を以下にご紹介します。


◆今月の主張 「裁判員制度」の危険な臭い 小針政人
◆特別寄稿 いざ、日本を洗濯せむ 時局對策協議會 副議長 政治結社 同血社 会長 河原博史
◆寄稿 祭政一致の日本人の生活 日本人権擁護協会 荒岩宏奨 
◆寄稿 日々思っている事 同血社神奈川連合 中村宏樹
◆寄稿 維新者に「弔い合戦」なし 維新政党・新風 金友隆幸
◆これ、どう思います? 統幕学校で田母神氏創設の科目「歴史観」見直し検討へ
            クラスター爆弾全廃へ=日本、「新型」調達せず
◆連載 清水行之助先生遺稿 大行 〈第五回〉
◆連載 黙ってられるか! 第三章・献身なき宗教家への警告

◆ブログ・こまさの寝言
 「船尾の日の丸」
 「ロボット教師」
 「段ボール選挙」
 「汚い。醜い。」
 「風化する拉致」
 「“善人”に告ぐ」
 「振る舞い」
◆編集後記


購読申し込みなどは、下記まで宜しくお願いします。

発行所 大行社相模支部 広報局
〒241-0802
神奈川県横浜市旭区上川井町2187
TEL/FAX 045-349-6212
編集発行人・小針政人
郵便振替番号 00200-3-77265(大行社相模支部)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-12-05 22:39 | 機関紙・冊子紹介
2008年 12月 04日

12・8大東亜戦争開戦記念日民族派有志連帯運動のご案内

アジア解放の聖なる戦い!国民総意の12・8大東亜戦争開戦記念日
民族派有志連帯運動

拝啓 晩秋の候、諸先生・諸先輩、同志諸兄におかれましては、ますますご清祥の事とお慶び申し上げます。
 きたる十月八日は「大東亜戦争開戦記念日」です。今より六十七年前の昭和十六年十二月八日は欧米列強の圧力を跳ね返す自存自衛の為、更には植民地支配下にあった亜細亜・阿弗利加を開放する為、聖戦を挑んだ記念すべき日です。
 先般、大東亜戦争に関する正論を世に出した田母神俊雄前航空幕僚長の更迭は、先の大戦を歪曲した史観に未だ我が国が浸り切っている事を物語っております。我々の先人が当時の欧米列強に対し大東亜戦争開戦に挑んだ意義を正しく継承して行く事は、同時に河野・村山談話なる自虐史観を根拠とした政府見解を糺す事でもあります。以て世界に冠たる皇軍の御偉業を後世に継承するべく、今年も本大会を開催する運びとなりました。
 時節柄御繁忙のことと存じますが、諸先生・諸先輩、同志諸兄のお力添え頂き多数御参加戴ければ幸いと思い御案内申し上げる次第です。
敬具

平成二十年十一月吉日


〈日時〉平成二十年 十二月八日(月曜日)雨天決行
◇第一部 十五時〜 集会
◇第二部 十六時〜徒歩行進
※尚、十二時より渋谷駅ハチ公前にて演説会を行ないます。
〈場所〉宮下公園(東京都渋谷区神宮前六ー二十ー十)
※日章旗・旭日旗・主旨に沿った幟、プラカード等歓迎致します。
※服装自由、隊服着用可、会旗・隊旗掲揚歓迎
※駐車場の用意は御座いませんので、交通機関を利用してお越し頂ければ幸いです。車でお越しの際はお近くの駐車場をご利用ください。

大会実行委員長 坂田昌己(青年意志同盟青水塾)
実行委員
猪股正征(愛倭塾)
花野悟史(励志救國協議會)
坂信二(同血社)
三塚正宏(日乃丸青年隊)
山川裕克(愛心翼賛会)五十音順

(大会事務局) 東京都江戸川区中葛西六ー十ー八 メゾンドプチラメール四〇一
電話 〇九〇(三一一七)三二七〇 (猪股正征)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-12-04 23:47 | 行事案内
2008年 12月 03日

付帯決議にファックスの照準を!国籍法改悪阻止

国籍法改悪を怒る国民の皆様(至急連絡・転送・MLやブログ掲載による拡散歓迎)情報編集及び文責:小田内

国籍法改悪阻止!付帯決議に照準を合わせ千葉景子参院議員(民主)他にファックス集中砲火を!

初めての方は下記と添付ファイル参照
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081120/plc0811200323003-n1.htm
お急ぎの方は下記<今なすべきこと>に直行

一昨日は民主党両院議員勉強会に向けた抗議活動お疲れ様でした。

<一昨日の情勢>
皆様の抗議も奏功したのでしょう午前中の民主党本部や国対委員長のファックスや電話は長時間にわたりつながりませんでした。
勉強会では数人の議員から強い意見が出て以前以上に「偽装認知」を懸念し「父子関係の証明をどう担保するのか」という慎重論が高まった模様です。しかし大勢としては、「外国人にだけDNA鑑定を適用するのはおかしい」というおかしな反論がなされ「既に議案として決定しているので採決に」という空気が強く、民主党内の善後措置は改正推進派の千葉景子議員に一任されたとのことです。
これを受け参院法務委理事懇では本日の法務委採決と明日三日の本会議採決を見送りが決定。社民党から出された四日法務委五日本会議採決案も見送られました。最短で五日法務委から来週頭本会議と見た方がよいようです。つまり抗議・要請活動の有効期間は今週中(5日まで)という見通しです。本日午後4時に自民党内反対派の会合があるので、どこまで抵抗できるか話合われ、その結果に基づいた民主党との折衝で今後のスケジュールがみえてくると思います。

<現時点での重要な視点>
既に参院民主党の主流は採決論なので衆院が通した以上参院自民党の慎重論を受けても採決は時間の問題という面があります。よって反対運動も建前的採決中止論以上に、最悪の状況を想定し土俵際の踏ん張りとして「付帯決議」に、いかに日本人の暮らしを守るシェルターとしての「国民国家」の観点から不可欠なリスク対策を盛り込むかに重点を転換する時期かと思います。

<絶対譲れない点>
最悪絶対に外してはならないリスク対策として最重点は「親子関係の科学的証明(DNA鑑定。最悪厳正な現地調査)の必要性」「重国籍の否定」「罰則規定の強化」です。その理由をてんこ盛りにして議員にアピールする必要があります。
このリスク対策の論点を突き詰めれば日本国の主権に基づく国籍法の基本である血族主義と二重国籍否定の観点から民主党中心の本改正(悪)案が原則の破壊をもくろむものであることも見えてきますのでこれを強調しましょう。

<今すぐなすべき事>
1.参院法務委メンバーにファックスする
「親子関係の科学的証明」「重国籍の否定」「罰則規定の強化」を骨子とし反対の理由を思いつく限りてんこ盛りしたファックスを送信しましょう。この法案を通したら選挙で落選させる旨文末に書くのもお忘れなく。
(例文)
・親子関係の証明もない「認知」で日本国籍を安売りすれば認知ビジネスが蔓延り日本は経済メリットだけを求める外国人に占領されてしまう。DNA鑑定を絶対に課せ。
・二重国籍を認めたらアジアの反日的な国から大量の工作員が入ってきて、拉致被害が横行する国になる。日本をこれ以上住みにくい国にする議員には絶対投票しない。
・我々の父母が汗水たらして築いてきた日本国籍を安売りする気か?科学的に親子関係が証明されない外国人などに国籍付与する必要なし。書類証明だけの認知絶対反対意!DNA鑑定を義務付けよ!違反の罰則は少なくとも100万円以上を「認知」日本人し課せ。軽い罰金では人身売買の温床拡大を防げないぞ!
(法務委メンバー)◎は重点抗議先、ファックス優先 できれば全員に
澤 雄二(法務委員長)(公明)◎  FAX:03-5512-2730     http://www.yuji-sawa.net/index.html
議員 今野東   TEL:03-3508-8708 FAX:03-5512-2708 azumaru@k-azuma.gr.jp
議員 鈴木寛   TEL:03-3508-8635 FAX:03-5512-2635 info@suzukan.net
議員 秋元司   TEL:03-3508-8311 FAX:03-5512-2311 http://www.akimoto-web.jp/opinion.html
議員◎松岡徹   TEL:03-3508-8734 FAX:03-5512-2734 http://www2.matsuoka-toru.jp/form/inquiry.html
 ※部落解放同盟元書記長 人権「擁護」法案で暗躍
議員 青木幹雄 TEL:03-3508-8534 FAX:03-3502-8825
青木幹雄連絡所TEL0853-53-0020
青木幹雄後援会TEL0852-22-0111
自民党島根県支部
議員 山崎正昭 TEL:03-3508-8419 FAX:03-3508-9419
議員◎松村龍二 TEL:03-3508-8304 FAX:03-5512-2304 info@ryuji-m.net
議員◎千葉景子 TEL:03-3508-8412 FAX:03-5512-2412 
tomato@cyberoz.net ※社会党系 男女共同参画・慰安婦問題 日本人拉致に関与した政治犯釈放署名に参加
議員 小川敏夫 TEL:03-3508-8628 FAX:03-3593-0577 info@ogawatoshio.com
議員 前川清成 TEL:03-3508-8712 FAX:03-5512-2712 maekawa@maekawa-kiyoshige.net
議員 近藤正道 TEL:03-3508-8740 FAX:03-5512-2740 masamichi_kondo@sangiin.go.jp
議員 江田五月 TEL:03-3508-8608 FAX;03-5512-2608 satsuki_eda@sangiin.go.jp
議員 山東昭子 TEL:03-3508-8224 FAX:03-5512-2224 akiko_santo01@sangiin.go.jp
議員 舛添要一 TEL:03-3508-8219 FAX:03-5512-2219 http://mipe2.aa0.netvolante.jp/fmi/xsl/koushiki/inquiry.xsl 議員 川上義博 TEL:03-3508-8701 FAX:03-5512-2701 http://www.kawakamiyoshihiro.com/cgi/mail1/index.html 議員 松浦大悟 TEL:03-3508-8517 FAX:03-5512-2517 http://www.dai5.jp/mailform.php
議員 仁比聡平 FAX: 03-5512-2393 
http://jcp-nihi.web.infoseek.co.jp/
議員 丸山和也 FAX: 03-5512-2536 
http://www.maruyama-kazuya.jp/supporter.php

2.麻生首相にファックスする
法務省つまり行政のトップである麻生太郎首相に国民の怒りを直にぶつける。水間政憲氏がいっていますが総理官邸に10万通届くと確実に阻止できるとのこと。
(例文)
・新保守本流を名乗るあなたが科学的証明もなく反日国家との二重国籍を許容する法案を通すなら自民党はもう終わりだ。保守政治家なら日本人なりすまし法案を通すな。結果次第で今度の選挙の投票を決める。
(連絡先)
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/dokusha.html
麻生首相 FAX: 03ー3501ー7528

3.国民新党本部にファックスをする
現在参議院でキャスティングボードを握っている国民新党にも要請しましょう。
(宛先)
電話:03-5275-2671   FAX:03-5275-2675
(例文)
・国籍法で大政党の横暴を止めてください。親子関係の科学的証明と二重国籍の禁止を付帯決議に入れてください。そうしなければ日本は外国人に人口侵略されます。助けてください。

4.知人3人以上に以上のことを呼びかけてください

あとは数の勝負です。団体や家族も「一人一筆!」
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-12-03 10:36 | 投稿