右翼民族派総合情報ブログ

shinkoku.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 19日

第55回『靖国神社清掃奉仕』のお知らせ

靖国神社清掃奉仕有志の会が来る十一月に靖国神社の清掃奉仕を企画している。


 私たち靖国神社清掃奉仕有志の会では、祖国の国難に殉じて靖国神社に祀られた英霊の御霊に対して、ご奉仕を通して感謝の気持ちを捧げたいと思います。このたびの清掃奉仕は新嘗祭の後、大東亜戦争開戦記念日を前にしたの下記予定にて行い、英霊の御霊に感謝の誠を捧げます。
境内には落葉が敷詰められている季節でございます。師走を前にして皆様大変お忙しい中とは存じますが、年内最後の清掃奉仕でございますので、何卒ご参集の程を宜しくお願い申し上げます。                               
 尚、当日は昇殿参拝の後、清掃奉仕を行います。11月25日までに電話・ファックスまたは葉書メールで出欠と参加人数を必ずお知らせ下さい。                     
               
日  時  平成20年11月30日(日)   午前8時45分集合 9時〜12時迄
場  所  靖国神社参集殿前に集合(受付で署名と参加費を承ります。車の方は申し出て下さい。)
服  装  汚れても良く動きやすい普段着   ※軍手持参
参加費      玉串料として成 人 1500円  /家族同伴者 1000円
             大学生 1000円  /高校生以下は無料(参加費は当日申受けます)
※ 全員記念写真送付、休憩時と終了後にお茶がでます。昼食は各自となりました。
内  容  最初に参加者全員で昇殿参拝を行いまして、英霊の御霊に感謝の誠を捧げます。
      その後本殿の周辺から境内を掃き掃除します。軽作業ですからお気軽にご参加下さい。
雨天集合  雨でも昇殿参拝は行います。小雨ならご奉仕しますが、高齢者や子供も参加しています
ので、雨が降っている場合には清掃奉仕は行いません。
     
連 絡 先   靖国神社清掃奉仕有志の会  代表 鈴木信行
              〒125—0053   東京都葛飾区鎌倉4—28—27
                電話・ファックス   03(3672)8900
                メールアドレス  E-mail:yasukunihoushi@yahoo.co.jp
                ホームページ http://www5f.biglobe.ne.jp/~yasukuni-houshi/
         郵便振替口座 靖国神社清掃奉仕有志の会 00120−8−628830

返信用にお使いください

  11月30日(日)の第55回『靖国神社清掃奉仕』に
   参 加                (人数     人参加する)
   不参加    
 連絡事項等があれば記入してください。

 住 所

 名 前 

 電 話・ファックス・メールアドレス(ファックス・メールアドレスがある人は記入して下さい。)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-09-19 02:29 | 行事案内
2008年 09月 17日

第三回 9.29反中共デー九州大会のご案内

 北京オリンピックは閉幕しました。 中華人民共和国(中共)におけるオリンピックが、平和や健康とは全く無縁の政治大集会であったことは明白です。 侵略と圧政の凶国である中共の犠牲者は多々います。 満州・南モンゴル・東トルキスタン・チベット・・・に対する侵略・圧政・虐殺。 また台湾に対する侵略の野望。中共はアジアの全ての民族の敵と断言できます。
 アジアの中でも、特に我が国は中共による侵略の危機に直面しています。 昭和47年9月29日、我が国は中共との国交を樹立しました。 しかし、我が国と中共との関係が正常且つ友好的であった事はありません。 昨今話題になった毒入り食品など可愛いものです。 靖国神社に対する冒涜、歴史教科書への介入、尖閣諸島への侵犯、東シナ海における海底資源の盗掘、沖ノ鳥島の存在の否定、外交官に対する性的謀略工作・・・など、数え切ることが不可能なほどです。 「反日」「共産」「中華」の三悪国家である中共は、我が国にとって明確かつ危険な敵国です。
 我々は草奔の有志として、祖国の危機を座視する事は断じて出来ません。 平成17年9月29日、所謂「日中国交正常化」30年の秋、我々は中共との国交断絶を勝ち取る為、第一回9.29反中共デーを開催いたしました。 第三回の本年も「9.29反中共デー」の旗の下、「打倒中国共産党」「日中国交断絶」「中華覇権主義排撃」「守れ!尖閣諸島」を声高らかに叫び、勝利を目指して同志同憂各位が共に立ち上がり、共に闘う事を熱望いたします。

日時  9月29日(月) 雨天決行
    午前10時  集会 開始
    正午     行進 出発
場所  護国神社(福岡県)

【合意事項】 超党派の運動の為、会旗など団体の旗の掲揚は禁止いたします。 また、車両での参加および徒歩行進に適さない服装での参加はご遠慮下さい。

 9.29反中共デー九州大会共闘委員会
          事務局 日本憂国義烈会
               電 話 096(371)5551
               FAX 096(221)5029
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-09-17 23:04 | 行事案内
2008年 09月 16日

第14回国体文化講演会のご案内

第14回国体文化講演会

テーマ 現今の天皇論をめぐって〔里見国体学との出会い〕

講師 鈴木邦男先生(一水会顧問)

日時 平成20年9月24日(水)18時開場
   18時30分開会(20時30分閉会)
会場 中野サンプラザ8F1号室
〔交通〕JR中央線、総武線・地下鉄東西線 中野駅北口徒歩1分
〈入場無料〉

鈴木邦男氏は新右翼の代表的存在。左右の思想や立場を超えて旺盛な発言を続けていますが、それは里見岸雄先生の左右両翼思想を挟撃した『国体に対する疑惑』や『天皇とプロレタリア』に大きな刺激を受けたからでした。
その立場から、現在横行する、様々な天皇論に対する発言は注目に値します。現今の天皇論に欠けているものは何か。氏の考えるところを語ってもらいます。お誘い合わせの上ご来場下さい。

主催 日本国体学会
〒180-0014 東京都武蔵野市関前5-21-33
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-09-16 01:26 | 行事案内
2008年 09月 13日

不敬映画上映を阻止せよ!

天皇家批判映画ポスターで逮捕=監督の渡辺文樹容疑者−軽犯罪法違反・警視庁
 天皇家を批判する内容の映画宣伝ポスターを張ったとして、警視庁は11日、軽犯罪法違反の現行犯で、映画監督の渡辺文樹容疑者(55)を逮捕した。容疑を否認している。
 調べによると、同容疑者は同日午前4時10分ごろ、東京都江東区内の街路灯などに、「現天皇は、昭和天皇の子供ではない」などの内容の映画ポスター数枚を無断で張った。(時事通信、9月11日)



本ブログでも、先に記していた不敬漢・渡辺文樹であるが、ついに連日のポスター貼りがもとで逮捕されたのである。映画の上映日が、17日から19日までの3日間を予定しており、この軽犯罪法違反(貼り札行為と住所不定)での拘留が10日付けば、映画上映は自然と流れる算段であるが、まだ楽観はできない。

渡辺は発売中の『週刊新潮』(9月18日号)で、「右翼が怖いと言っても、あいつらは別に何もしてきませんよ」などと、挑発的発言も行っている。ならば、志しある者が率先して、上映会場を管轄する渋谷区役所に抗議の電話をいれ、上映会を完全に中止させましょう!

渋谷区役所
0334631211
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-09-13 20:24 | 投稿
2008年 09月 11日

9・29反中共デー関西大会のお知らせ

[日 時] 9月29日 月曜日 午後一時集会開催 

[集合場所]靱公園西側  (大阪市西区、大阪市営地下鉄四つ橋線 本町駅下車)

[活動方法]示威行進

[主催]9・29反中共デー関西大会共闘委員会

[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-09-11 21:45 | 行事案内
2008年 09月 08日

不敬映画を粉砕せよ

c0160288_22251224.jpg


いま、東京都内にドギツク怪しいポスターが貼られている光景をご覧になった方も多いだろう。ひときわ、目につくのが表題の「天皇伝説」なる文言。興味を引かれて添え書きを読んでみれば、ここに引例するのも躊躇われるような、皇室に対し奉る悪罵と妄想的言句が羅列されている。

これは一体なんだ?と思われた方も多いだろう。実はこれ、渡辺文樹なる自主制作のカルト映画を見せ物の如く上映して日銭を稼ぐ、自称映画監督の上映会ポスターで、連中にとってはまさに“営業活動”というワケだ。

過去には、先帝陛下暗殺という不敬不謹慎極まりない題材の映画「腹腹時計」で、物議を醸し、我々民族派とモメル事しばしであったが、またしても斯様な不敬映画の製作と、上映をなさんとしている。

肝心の上映日と場所は、9/17(水)、9/18(木)、9/19(金)の三日間に渡り、代々木八幡区民会館だそうである。このような街頭に貼られた不敬映画のポスターを見かけたら、即刻剥がして、不敬映画に対する抗議の意志を示そう。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-09-08 22:21 | 投稿
2008年 09月 07日

中国の抗日記念館から不当な写真を撤去せよ!シンポジウム

☆☆シンポジウム☆☆
中国の抗日記念館から不当な写真を撤去せよ!


☆日時
9月18日(木)午後3時〜5時

☆会場
衆議院第二議員会館第一会議室
※定員100名
※会館1階のロビーにて係員が通行券を配布します
※満員の場合は入館できないこともありますので予めご了承ください

☆入場無料

☆挨拶
平沼赳夫(衆議院議員・撤去を求める議員連盟会長)
阿羅健一(求める会会長)

☆基調報告
「リニューアルされた南京虐殺記念館を訪れて」
今津寛(衆議院議員)

☆パネルディスカッション
「中国の抗日記念館と日本の対応について」
◇パネリスト
富岡幸一郎(文芸評論家)
稲田朋美(衆議院議員・撤去を求める議員連盟事務局長)
西村真悟(衆議院議員)
松原仁(衆議院議員)
渡辺周(衆議院議員)
◇コーディネーター
清水明彦(求める会事務局長)

※登壇者が変更する可能性もあります

☆主催
中国の抗日記念館から不当な写真の撤去を求める国民の会(求める会)
東京都千代田区平河町2−16−5−302 高池法律事務所気付

☆連絡先
090(8478)5523(清水)
090(8455)6306(中藤)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-09-07 00:37 | 行事案内
2008年 09月 05日

「1000万人移民」にNO! 国民集会が大盛況

c0160288_23382631.jpg


9月3日、文京シビックセンターで「1000万人移民」にNO! 国民集会が開催され、会場には350人以上もの人々が詰め駆け、立ち見も出る大盛況となった。演壇には政界から運動の場で、移民反対を訴える識者たちが続々と登壇し、鋭い論理で移民反対を訴え、会場の熱気も上がった。

以下、登壇順。(敬称略)

加瀬英明(外交評論家)
土屋たかゆき(民主党都議会議員)
村田春樹(外国人参政権に反対する会)
笹井宏次郎(元サンパウロ新聞社会部長)
平田文昭(アジア太平洋人権協議会代表)
吉田康一郎(民主党都議会議員)
三輪和雄(日本世論の会会長)

最後に決議を細見祐介氏が朗読し、満場の拍手をもって採択された。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-09-05 23:47 | 活動報告
2008年 09月 04日

月刊 狼煙 第三十号

c0160288_1153395.jpg



同血社神奈川県連合機関紙の「月刊 狼煙」(編集発行人 中村宏樹氏)より、最新の第三十号が発刊されました。
その内容を以下にご紹介します。

◆日本再生 〜日本は若返りする事が求められる〜
◆戦後体制の脱却とは 〜日本が「敗戦屈辱」を超克するには次なる戦争を経験せねばならぬのか〜
◆移民政策を粉砕せよ2 〜移民政策は新たなる混乱を招く〜

◆活動報告1 北京五輪反対週間
◆活動報告2 八月十五日靖国神社参拝及び大東亜戦争を考えるマラソン演説会
◆活動写真



購読申し込みなどは、下記まで宜しくお願いします。

郵便番号二二〇ー〇〇二三
神奈川県横浜市西区平沼二−十四ー五 リブステージ横浜五〇五号室
電話〇四五(二九〇)五〇〇〇番
FAX〇四五(二九〇)五〇〇一番
同血社神奈川県連合
機関紙「狼煙」編集部 編集発行人 中村宏樹

毎月一回月末発行
購読料定価 一部百円
年間購読料 一二〇〇円


なお、こちらの「狼煙」は、新宿のミニコミ専門書店模索舎でも、お買い求めいただけます。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-09-04 01:17 | 機関紙・冊子紹介
2008年 09月 03日

国信隆氏の抗議文

去る八月十二日午前、かねてより我が国と拉致被害者を軽んじ、北朝鮮に接近しようとする米国の政策に義憤を抱いていた国信隆氏は、東京都港区赤坂の米国大使館に日本刀を携えて近づき、抗議文を詰めた瓶を大使館の敷地内に投擲するという決起に至った。

いまだ多くの拉致被害者が北朝鮮にさらわれ続けている中で、北朝鮮の「テロ支援国家指定」解除を臭わせ、東アジア情勢をかき乱す米国の行為は、我が国に対する重大な背信行為であり、拉致被害者とその家族らへの許しがたい侮辱であった。

そして今回、この瓶に詰めて大使館に投擲された、国信隆氏の抗議声明が明らかになったので、ここに掲載するものである。抗議文は、「米国大統領」に宛てられたもの、「福田首相」に宛てられたもの、「民主党小沢党首」に宛てられた物の、計三点である。



 米国大統領に告ぐ
 本抗議文は北朝鮮へのテロ支援国家指定解除に対する抗議の意を表明するものである。
 我が皇國が欧米によるアジアへの植民地支配に真向から挑んだ大東亜戦争の終結以来、貴国はGHQによる日本去勢化政策を図り、我が國を弱体化させると共に、左翼勢力の跳梁跋扈を許す状況を造り上げ、外交及び国防の無能力化を強硬に推し進めて来た。
 そのことにより、共産主義者、教職員組合など左翼勢力による教育現場の破壊を誘発させ、営利のみを貪る経済至上主義による国体破壊を助長させた。
スメラミコトを中心とする美しい国柄を崩壊させ、今なお貴国軍人による皇民婦女子への陵辱など、貴国の横暴な振舞いに対し、小生は民族派・日本皇道主義者の端くれとして、怒りを抑えることが出来ない。
 この度の六ヶ国協議に、アジアの一員ではない貴国が参入し、更には米朝主導による姑息な外交を展開するとは、北朝鮮拉致被害者問題を抱える我が国、そして韓国に対する侮辱的行為に他ならない。
 貴殿自身のイラク・アフガン・イラン等を含めた対中東政策の汚点を帳消しにするため、
天皇の赤子たる皇國の民が拉致されたままの事実を無視し、金正日独裁政権へのテロ支援国家指定解除を先行させ、エネルギー支援までをも提示するとは、言語道断である。
 亜細亜を侮辱するな
我が皇國を侮辱するな
 拉致被害者の御家族は御高齢に達し、もう残された時間は限られている。
 拉致被害者を軽視するな
 その御家族を侮辱するな
 貴殿が人道的国家の元首であるならば、そして北朝鮮問題への介入を続けるのならば、第一義的に拉致被害者問題を解決へ導くよう尽力せよ。
 貴殿の、この度の決断、行為に対し、強く抗議する。
 この心が貴殿に通じぬのであれば、小生はたった一人であろうとも、貴国に対する あらゆる追及の手を緩めない。
 この事を貴殿はしかと肝に銘じよ。

皇祖の隆昌は天壌と共に無窮である
スメラミコト 弥栄 弥栄 弥栄

皇紀弐六六八年
國信たか氏
ブッシュ米国大統領殿



抗議文
福田首相に告ぐ

 即刻、対米追従外交を改めよ。貴殿が皇國の首相であるならば、身命を賭して北朝鮮による拉致被害者を救出せよ。
 御高齢となられた拉致被害者の御家族と接し、貴殿は人として政治家として、涙が溢れ、胸が張り裂けんばかりの気持ちにならぬのか。
 「拉致被害者の再調査」を約束するなどという、金正日の虚言に翻弄され、経済制裁の一部解除を提示するとは、貴殿に主権国家の首相としての資格は無い。
天皇陛下に対し奉り、己の不誠実をお詫びせよ。
 拉致被害者の御家族に対し、己の不誠実を詫びよ。



民主党小沢党主に告ぐ
 野党第一党の党主でありながら、選挙対策、政権奪取ばかりに心を奪われ、北朝鮮拉致被害者問題という重大事に対し、明確な施策、方針を示さぬとは、貴殿に
皇国の政治家たる資格はない。
 その姿勢を改めず、教職員組合など我が國の弱体化を画策する輩と結託を続け、身命を賭して拉致被害者問題に取り組まぬ限り、貴殿が政権を奪取したとしても、小生には貴党への糾弾を辞さぬ覚悟がある。
 心して、政治家としての本来の姿を、士の姿を取り戻せ。
皇紀弐六六八年

國信たか氏
内閣総理大臣 福田康夫殿
民主党々主 小沢一郎殿
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-09-03 21:40 | 憂国の檄