カテゴリ:決起・義挙( 4 )


2009年 08月 17日

国会前、割腹の警告

c0160288_23391483.jpg


17日午前9時55分ごろ、国会議事堂(東京都千代田区)前にタクシーで乗り付けた男が、正座する格好で短刀(刃渡り約20センチ)で自分の腹を刺した。男は病院に運ばれたが、意識はあるという。警視庁公安部によると、男は岡山県総社市の右翼団体「大日本皇国会」の桐木誠次会長(39)で、容態が回復し次第、銃刀法違反容疑で事情を聴く。



以上、新聞報道より。岡山県に活動拠点を置く、大日本皇国会は二年前に最高顧問の丹正東岳氏が、自らの左手小指を断指して、当時の安倍晋三総理に送り、靖国神社参拝を求め、昨年は会員の国信隆氏が拉致問題に関連してアメリカ大使館に挺身決起されている。

読者諸賢におかれましては、今回の桐木会長の身命を賭した憂国の声に耳を傾け、少しでもその真意を汲み取っていただきたいと願い、以下に桐木会長が携えられていた警告文を掲載するものである。


警告文
 
 悠久の大義に生き、悠久の大義に死す
それが日本人の道である。その道を忘れ去った者が日本國の政治を司る事は許されない

衆議院選挙も近くなった。貴殿達も含め官僚公務員に至る「身分」を与えられし者が國に仕え民に仕える事を忘れた結果が現在の日本である。他人を想う気持ちなど無く、自己中心主義に生き、大和魂も他國へ吸い取られている。目先の事だけを考えている貴殿達に百年後の日本が描けているか。子供や若者が夢や希望を語れない國が現在の日本國である。貴殿達にはその責任を必ず取ってもらう。

一、陛下への忠義を忘れた政治家は出馬を辞退せよ
一、大東亜戦争を含め、日本國の歴史に命を捧げられた方々に感謝を忘れた政治家は即刻辞職せよ
一、靖國神社に参拝しない政治家は日本國を預かる資格はない
一、私利私欲に走り心穢れし者、心悪しき者、心疚しき者は即刻辞職せよ

 我等右翼民族派は昔も今も天忠人であり天誅組である。いかなる理由があろうとも國賊と見なせば天誅を下す。責任の取り方が解らない政治家には、私が教えてやる。
 命を懸けて國を守り民を守る覚悟を決めて選挙に望め

「日本の魂を穢す國賊は許さない」

皇紀弐千六百六拾九年
            八月拾七日
大日本皇國會 會長
 桐木誠次

衆議院・参議院議員一同
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-08-17 23:25 | 決起・義挙
2008年 09月 29日

自民党本部に挺身決起

本日十三時半頃、東京都千代田区永田町にある自由民主党本部に、同血社神奈川県連合の中村宏樹同志(機関誌「狼煙」編集長)が、日本刀と可燃性の液体を所持し、単身で向かい、警視庁公安部、麹町警察署に身柄を確保された。

中村同志の行動は、腐敗・堕落を極め、容共・媚中に走り、現下の祖国を混迷に導く自民党に対して、我が民族の怒りを自らの肉体をもって体現された義挙である。行動にいたるきっかけは未だ明らかとなっていないが、9月29日、反中共デーになされた行動であることをもって、中村同志の憂憤の思いがうかがわれる。

声明などが入手出来次第、当ブログに掲載させていただく予定である。
また、皆様におかれましても、中村同志への支援と連帯の程をお願い申し上げます。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-09-29 15:35 | 決起・義挙
2008年 08月 23日

ロシア大使館に発煙筒を投擲

c0160288_22125944.jpg


自称右翼の男、ロシア大使館に発煙筒投げ込む
 21日午前5時ごろ、港区麻布台のロシア大使館に、男が火をつけた発煙筒を投げ込み、軽犯罪法違反の現行犯で逮捕された。男は自称、横浜市在住の右翼団体構成員、高橋一洋容疑者(32)。抗議文は持っていなかったが「祖父がソ連に抑留され、ひどい扱いを受け恨みに思っていた」と話している。けが人はいなかった。(産経ニュース

ロシア大使館に発煙筒=自称右翼の男を逮捕−警視庁
 21日午前5時ごろ、東京都港区麻布台のロシア大使館に、男が発煙筒を投げ込んだ。警戒中の警視庁機動隊員が、軽犯罪法違反の現行犯で、自称横浜市に住む右翼団体構成員の高橋一洋容疑者(32)を逮捕した。
 同庁公安部の調べによると、同容疑者は大使館近くでタクシーを降り、歩いて通用門付近に向かった。持っていた発煙筒に火を付け、塀の3、4メートル手前から大使館に投げ込んだ。けが人はいないとみられる。(時事ドットコム



この記事中において、高橋一洋氏を「自称右翼」と書いているところに、警察権力とマスコミによる印象操作がうかがわれる。氏が俗に言う「右翼活動家」であるか、否かぐらい警察の十全に把握するところである。

それを、「自称」を付す事によって、あたかも得体の知れない者の行為に印象づけようとしているのである。あまりにも昔から使い古された陳腐で語るに落ちた手法である。斯様な体制権力による惑わされるのは愚の骨頂である。

我等の祖先をシベリア抑留などによって虐殺し、未だ北方領土を武力で占領し続け、我が国を欺き続けるロシアに対し、国民の怒りが止む事はない。今後もロシアの蛮行を、あらゆる手法のもとに徹底的に糾弾していくべきである。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-08-23 22:30 | 決起・義挙
2008年 08月 19日

米国大使館に義憤の決起

 12日午前9時ごろ、東京都港区赤坂の米国大使館正門前で、日本刀(刃渡り約42センチ)を振り回しながら近づいてきた男が大使館に向け瓶を投げ込んだ。男はその場で警視庁の機動隊員に銃刀法違反の現行犯で逮捕された。瓶は大使館に届かず、けが人はいない。
 男は広島県三原市須波西町、自称右翼団体構成員、国信隆容疑者(36)。昨年まで広島県警の警察官だった。
 警視庁公安部の調べによると、瓶には「拉致問題を置き去りにした北朝鮮のテロ支援国家指定解除に抗議する」と書かれた抗議文が入っていた。国信容疑者は「ブッシュ大統領に抗議したかった」と供述しているという。
 (産経新聞、8月12日23時30分配信)



北朝鮮に擦り寄り、野合を試みる策動を続ける米国。それに追従するしか能の無い我が国政府。その陰で、我が国の拉致被害者数百名が見捨てられようとしている。斯様な現状に義憤を抱かぬ日本人は居ない。

国信氏は米国の斯くの如き振る舞いに怒り、奮然、決起に至ったものと思われる。特筆すべきは、元警察官でありながらという点は、まさに平成の津田三蔵巡査をもしのばせるものがある。氏の民族的義憤による決起を支持すると共に、氏の声明を入手次第、速やかに当ブログに掲載したい。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-08-19 22:46 | 決起・義挙