2008年 10月 16日

徳島連続爆破事件声明、公開される

 今月14日に、徳島県日中友好協会(徳島市南内町一)と創価学会徳島文化会館(同市南沖洲五)のドアなどに爆弾が仕掛けられた連続爆発事件で、犯行声明文とみられる文書が十五日早朝、新聞放送会館玄関に投げ込まれているのが発見された。

犯人が逮捕されていない以上、これを記した人間の本心がどこにあり、またこの声明を記した者と、事件との関連は不明であるが、以下に掲載させていただく。



 我々は、 「世界平和」 「民族皆家族」 を願う。

 創価学会は、人類に有害な上、表舞台の権力者や市民生活を脅かす。
中国は、誇れる長い歴史はあるが、大国であるが故に勘違いの価値観と国際的モラルに欠ける。

 この度は、あえて人的被害を避けたが、悔い改めなければ、血肉を消滅させることで浄化する。

 民族義勇軍 山雄
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-10-16 09:40 | 憂国の檄


<< 5・8鈴木田峻吾陸士長決起抗議文      「第8回大東亜聖戦祭」のご案内 >>