2008年 08月 28日

第十六囘「草莽崛起の集い」の御案内

謹啓 初秋の候、皆樣に於かれましては益々御清祥のことゝ御慶び申上げます。
此度は、國民新聞社・山田惠久主幹に御講演を御願ひ致しました。
山田惠久先生は昭和十八年東京で生まれ、昭和三十七年、日本大學を卒業された後、證券會社勤務などを經て御尊父の經營される經濟誌編輯に專心されました。昭和六十四年には國民新聞社社長に就任、以降現在に至るまで國體護持、輸入思想の追放、淫祠邪教排撃、憲法・領土・教育問題他を積極的に輿論提起してをられます。
右傾化と稱される今日にあり乍ら、尚も續く内憂外患の澎湃を抑制する具體策なき現在に在つて、私達民族派に課せられる國民の期待大なることを實感致します。かゝる時、活字運動の旗手と云へる國民新聞の視點から、演題に在りし御講演を頂戴し同志皆樣と共に此からの眞日本建設に向けた考察をより一層深めたいと切望致します。
皆樣方に於かれましては御多忙のことゝ存じますが、是非とも御參加下さいますやう左記要領にて御案内申上げます。 敬白

c0160288_2237765.jpg


● 講   師 : 山田惠久先生(國民新聞社 主幹)
● 演   題 : 「時局問題の捉へ方」
● 日   時 : 平成二十年 十月 五日 (日曜日)
十八時 三十分 開場
十九時     開演
● 會   場 : 神奈川縣民センター四〇二會議室
● 住   所 : 神奈川縣横濱市神奈川區鶴屋町二—二十四—二
● 電   話 : 〇四五—三一二—一一二一番
● 會場整理費 : 二千圓

● 懇親會時間 : 二十一時 三十分 〜
會費 : 三千圓(懇親會の參加を希望される方は當日受付でその旨御傳へ下さい)                                                                                    
● 事務局:    〇四五—二九〇—五〇〇〇(同血社神奈川縣聯合)

※尚、恐縮至極に存じますが諸般の事由に依り、今囘より會場整理費を二千圓とさせて戴きました。皆樣に於かれましては何卒、御了承下さいますやう御願ひ申上げます。
平成二十年 九月 吉日
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-08-28 22:40 | 行事案内


<< 緑旗 5月 復刊第13号      全教大会抗議行動が戦われる >>