2008年 08月 15日

大東亜戦争を考えるマラソン演説会が開催

c0160288_20124763.jpg


昭和二十年の大東亜戦争敗戦から、六十三年目を迎えた敗戦無念日の八月十五日、民族派有志は渋谷駅ハチ公口に集まって、午前十一時から午後十八時半にいたるまで途切れることなく弁士がマイクを持って、大東亜戦争の意義を高らかに訴えた。

弁士(登壇順)
●山田一成同志
●福田邦宏同志
●近藤勝博同志
●猪股正征同志
●福田邦宏同志
●平田左喜雄同志
●近藤勝博同志
●渡辺孝幸同志
●花上功同志
●猪股正征同志
●東海林智彰同志
●明利健太同志
●菊池慶雄同志
●坂田昌己同志
●山川裕克同志
●志賀智仁同志
●渡辺臥龍同志
●関根淳嗣同志
●飯ヶ谷裕司同志
●小田昇同志
●金友隆幸同志
●河原博史同志
●竹内恒夫同志
●磯和典同志
●中村宏樹同志
●三澤浩一同志
●矢部広太同志
●秋山英樹同志
●松永尚之同志
●上田一元同志
(30名)

多くの聴衆が聴き入り、拍手喝采と激励の声が寄せられ、最後は上田一元同志による 聖寿万歳によって締めくくられ、大盛況に終わった。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-08-15 23:05 | 活動報告


<< 月刊 狼煙 第二十九号      「大東亜戦争を考えるマラソン演説会」 >>