右翼民族派総合情報ブログ

shinkoku.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 07日

八・七北京オリンピックボイコット運動が開催される

c0160288_23282119.jpg


いよいよ北京オリンピックの開幕を明日に控えた八月七日。東京渋谷で連日戦われて来た北京オリンピックボイコット運動は衰えも疲労も見せる事なく開催された。この日は十五時過ぎより渋谷駅ハチ公口前にて北京五輪に反対する演説会も開催された。

壇上にあがった黒龍會再興委員主幹の田中健之氏は、「チベットのみならず、自国民をも反右派闘争、文化大革命、天安門事件で虐殺してみせるのが、中国共産党の本性であり、そのような中国共産党による国威発揚が北京五輪の本質である。我々日本と中国は仲良くしなければならないが、それは金儲け主義の自民党と、人殺し集団中国共産党との癒着構造では断じてない」と訴えた。

十七時より宮下公園で行なわれた集会で、この日の代表呼びかけ人である水谷浩樹氏(大地社代表)が、主催者として「腐敗した自民党が推し進める中共政府との関係に異議を唱えて行くべく、活動していきましょう」と挨拶した。

c0160288_23284596.jpg


十八時より徒歩行進に出発し、「北京オリンピックをボイコットせよ!」とシュプレヒールをあげて渋谷を歩く。JOC前で、更に一段と力強くオリンピックボイコットの叫びを叩き付け、警備の警察と対峙する場面もみられた。

この日のデモには三十人が参加し、その中にはチベットやウイグルの関係者もみられた。一時間にわたり夕闇の渋谷を歩き抜いたデモ隊は再度、宮下公園に戻り、反中共デ−共闘委員会事務局の三澤浩一氏が総括の挨拶に立ち、今後も反中共の闘争を継続していこうと呼びかけた。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-08-07 23:59 | 活動報告


<< 《8月8日★北京五輪★開幕》      八・六北京五輪ボイコット運動が... >>