右翼民族派総合情報ブログ

shinkoku.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 31日

季刊 大吼 第264号

c0160288_9443288.jpg


政治結社大行社機関紙の「季刊 大吼」(編集発行人 蜷川正大氏)より、最新の第264号が発刊されました。
その内容を以下にご紹介します。


◆グラビア
大行社新年総会
紀元節奉祝 大行社統一街宣
大日本一誠会 対島防衛隊結成式
第46回 日本同盟年次大会
◆主張 日本の底力が発揮されるとき 三本菅啓二
◆大行社新年総会本会議
◆険しい維新への道(その1) 猪野健治
◆なぜ濱口首相を撃ったか 佐郷屋嘉昭
◆獄中手記 衆議院議員石井紘基刺殺事件の真相(正・続)  テロと回想 伊藤白水
◆獄中手記 建国義勇軍・国賊征伐隊事件 我未だ花守りにあらず 木村岳雄
◆新春 大行社青年活動家鼎談 青春・運動・肉体言語 天誅を下すべき政治家は誰か
◆我が家系と靖国神社(最終回) 堀雅昭
◆萬葉集を讀む 四宮正貴
◆日本の誇る侍たち 直江山城守兼続 郡順史
◆編集後記


購読申し込みなどは、下記まで宜しくお願いします。

季刊 大吼
郵便番号108-0014
東京都港区芝4丁目5番12号 三田ハイツ1002号
電話 03-3452-7306
FAX 03-3456-3408
編集発行人 蜷川 正大
発行所 大吼出版

定価・1050円(送料92円)
(本体1000円)
予約購読料 4568円(送料含)

郵便振替・00150-7-661239 大吼出版
〈大取次店〉トーハン・日販

なお、こちらの「季刊 大吼」は、紀伊国屋書店や書泉グランデなど、一部の大型書店にて取扱いがございます。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-07-31 09:43 | 機関紙・冊子紹介


<< 平成の大演説会Vol.12のご案内      天地無辺 第20號 >>