2009年 04月 24日

対北独自制裁と時限核武装を求める世論を喚起しよう!

(呼びかけ)北朝鮮のミサイル発射は「現代の黒船」だ!独自の対北鮮圧力強化とアジアの近未来を睨んだ核抑止力獲得に向け世論を興そう!回覧・転送・ブログ等転載歓迎です

一本のファックスからでもいい。立ち上がりましょう!

4月5日の北朝鮮による長距離弾道弾発射実験、数日でうその様に静かになった春の日本です。「ミサイル迎撃」と「落下物破壊」を摩り替え運用で間抜けたミス続出だったMD迎撃体制…。弾頭の切り離失敗云々の話もありますが、アメリカ本土にあれだけ近づいた射程距離を実証しただけで北(の対米政策)にとっては成功という面を見逃しがちです。

今回の発射と国連安保理決議の我が国にとっての意味は次の二つです。

日朝関係上の意味=北「日本は徹底して相手にしない」宣言
北は日本が望みをかける「六カ国協議」に「今後二度と出席しない」と協議の目的をのものに敵対する核開発再開を宣言、日本に独自の交渉カードはあるのかが問われている。

アジアでの核安全保障上の意味=米の「核の傘」縮小と中朝の核軍拡の中で日本はどう生きるか?問われる
北の長距離弾道弾が米本土に届けば、日本に対する「核の傘」の力は弱まる。米国はロシアとの交渉で戦略核を大幅に減らしたい(残った核の優先配備は欧州正面・中東。最近米国もしきりにそれを気にして日韓に口先で誤魔化をしている)。シナは今後もますます軍拡する。日本は…?ということ。六カ国協議や対テロ戦協力で裏で米国に「ATM国家」と嗤われ、国家の主権も数十人の国民の人権(拉致被害者)も守れない状況が決定的になる。台湾併呑も核恫喝され座視すれば…日本は属国化。

実に今回の北によるミサイル発射は現代の「黒船」的意味を持ちます。この状況の中で、日本の主権と国民の人権を守るために、我々一人が出来ることは何でしょうか?
以下のアクションをしましょう。実際、願う方向には行かないでしょうが、少なくともそういう民意があることを政界に知らしめるべきではないでしょうか。

1.対北独自制裁として北朝鮮国民=朝鮮総連への「社会的制裁」を関係国会議員に訴えましょう。
「完全経済制裁」は「最後のカード」として取っておく政府方針です。しかし北は対中貿易でそれなりに息をつける状況で圧力になりにくい状況もあります。それならば北が我が国民を拉致し人権侵害しているのに対抗すべく、我が国に居る北国民(朝鮮総連及び関係団体)の公権制限という「社会制裁」に踏み出すべきではないでしょうか。

(1)麻生首相に要請しましょう
<例文>
・拉致被害者を帰国させず日本を核で脅す北朝鮮には経済制裁で足りません。在日北朝鮮国民に社会的制裁(関係団体の公共施設使用禁止、朝鮮学校への自治体からの助成禁止)をすべきです。
・拉致被害者の人権を侵害する北朝鮮国民に権利なし!自治体が朝鮮総連や関係団体に公共施設の会場提供を禁止する法律をつくれ!
・拉致被害者を帰さない上に日本の上空にミサイルを飛ばす北朝鮮に怒り心頭です!日本人拉致の共犯者朝鮮総連と関係し反日民族教育をする朝鮮学校への自治体の助成金拠出禁止の法制化をすべきです。
各自自分の思いや言葉でメッセージを作りましょう。
<連絡先>
麻生太郎首相
(首相官邸)
官邸ホームページ意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html(メール)
〒100-8968 東京都千代田区永田町1−6−1(郵送)
(麻生事務所)
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館210号室 電話:03-3508-7703  FAX:03-3501-7528

(2)拉致議連平沼会長に提言・要請しましょう
<例文>
(1)に同じ。各自自分の思いや言葉でメッセージを作りましょう。
<連絡先>
平沼赳夫衆議院議員
〒100-8981
東京都千代田区永田町2-2-1衆議院第一議員会館310号
電話:03-3508-7310 / FAX:03-3502-5084

(3)支持できる議員や地元議員に要請しましょう
<例文>
(1)に同じ。各自自分の思いや言葉でメッセージを作りましょう。
<連絡先>たとえばですが…(いずれもFAX番号です)
赤池誠章衆議院議員 03-3508-3733
安倍晋三衆議院議員 03-3508-3602
稲田朋美衆議院議員 03-3508-3835
島村宜伸衆議院議員 03-3508-3718
土屋正忠衆議院議員 03-3508-3640
戸井田徹衆議院議員 03-3508-3325
長島昭久衆議院議員 03-3508-3294
西村眞悟衆議院議員 03-3508-3897
前原誠司衆議院議員 03-3592-6696
松原仁衆議院議員 03-3580-7336
渡部篤衆議院議員 03-3508-3987
馬渡龍治衆議院議員 03-052-852-1002
大江康弘参議院議員 03-5512-2511
衛藤晟一参議院議員 03-3511-7728
山谷えり子参議院議員 03-5512-2611
山本一太参議院議員 03-3508-2281
西田昌司参議院議員 03-3502-8897

2.日本の核安全保障の観点から「対敵基地攻撃能力の獲得」「国民生活の耐核インフラ強化」「日本の時限核武装」等を、関係議員に訴えましょう。

(1)「核には核」の正論を説いた中川昭一議員を支持・激励しましょう
<例文>
・「核には核」で抑止が国際社会の常識とよく言って下さいました。国会で被爆体験のある日本こそ安全保障のために時限核武装(世界主要国が核廃絶するまで核武装する)の権利があると訴えてください。
・中川議員の「核には核」発言を断固支持します。マスコミが「核には核」の報復の「負の連鎖」などと茶々を入れないよう核抑止の考えを正々堂々国会で訴えてください。
<連絡先>
中川昭一衆議院議員
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館720号室 電話:3508-7170 FAX:3580-5556

(2)麻生首相・浜田防衛相に要請をしましょう
<例文>
・着弾地点も分らない実戦で数の少ないPAC3で対応できますか?オバマ軍縮で米国の「核の傘」は頼りになりません。やはり独自の抑止力として核武装を検討すべきです。中川昭一議員の発言を強く支持します。
・上昇段階での迎撃を「専守防衛」の空証文で「禁じ手」にされている日本の核安全保障は座して死を待つ空念仏です。アメリカに売りつけられたMDで本当に日本を守れるのか?核武装と核攻撃から国民を守るインフラ整備を真剣に検討すべき時だ。
・オバマ政権の核軍縮や対話外交の中で、拉致問題や日本の安全保障切捨ての米朝対話が進みます。ノドンや中国の核恫喝から日本の主権と国民の人権を守るため核武装という選択もするべきではないでしょうか。米国依存から脱却した確固とした安全保障政策を立ててください。
<連絡先>
麻生太郎首相
※前項参照
浜田靖一防衛大臣
(防衛省)
防衛省・自衛隊に対するご意見箱
http://www.mod.go.jp/goikenshinsei/goikenbako/index.html
〒162-8801 東京都新宿区市谷本村町5-1(郵送)
(浜田事務所)
〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2衆議院第二議員会館220号
電話:03-3581-5111内線7220 FAX:03-3508-7644  

(3)支持できる議員や地元議員に要請しましょう
<例文>
(2)と同。各自自分の思いや言葉でメッセージを作りましょう。
<連絡先>※前述の要請先を同じ

(文責・小田内)
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-04-24 22:19 | 投稿


<< 『占領憲法破棄!帝国憲法復元運...      奉祝・昭和天皇陛下御生誕の日、... >>