2009年 04月 05日

北朝鮮の暴挙を許すな!

四月五日、北朝鮮は予告通り、我が国の上空をかすめてテポドン二号を発射する暴挙におよんだ。これはまさしく、我が国を侮辱し、日本人の命と暮らしを平然を奪ってみせると言う恫喝であり、断じて許してはならない。また、今回のミサイル迎撃を見送った政府の弱腰も利敵行為である。我々はかような北朝鮮の暴挙を厳しく糾弾すると共に、自主防衛体制確立の為に、自主憲法の制定と核武装の実現を強く求める。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2009-04-05 17:20 | 投稿


<< 第93回一水会フォーラムのご案内      月刊 狼煙 第三十七号 >>