2008年 12月 10日

山陰初!映画「南京の真実」上映会のご案内

「南京大虐殺」一度は聞いた事がある言葉だと思います。
恐らく、歴史の授業で聞いたと思いますが、これは授業では実際にあった「真実の歴史」として教えられてます。だから、これについて疑問を持った事がある人は少ないでしょう。では、これを聞いてどう思いました?

「日本は悪い事をいっぱいしてきた」「おじいちゃん達は中国でいっぱい人を殺した」「中国の人には本当に悪い事をした」

こう思った人は大勢いると思います。
では、もしこの「南京大虐殺」がなかったとしたら。中国と今話題の日教組が日本人を大人しくさせるために作った「嘘」だとしたら、どう思いますか?
今までは「南京大虐殺はなかった」なんて事は言えない時代でした。言えないのではなく、言ってはならなかったのです。

「日本は悪でないといけない」「日本は反省しないといけない」

こう言わないと、マスコミや日中友好団体に叩かれる時代でした。
しかし、今は違います。日本には言論の自由があります。
そんな今だからこそ、実は中国の言うような「南京大虐殺」はなかったのだと言えるのです。

では、本当になかったのか。私達がいくらなかったと言っても、今まであると思ってた「歴史認識」を簡単に変える事はできないでしょう。だからこそ、この映画を見てほしい。これは「南京大虐殺の真実」を知るための、第1歩なのです。

日時:平成20年12月14日(日)12時開場、13時開演

場所:松江プラバホール(大ホール)
   島根県松江市西津田6丁目6番44号
   TEL(0852)27-6000

来賓:水島総(本作品の映画監督、日本文化チャンネル桜代表)
   濱口和久(栃木市長特別補佐)

主催:映画「南京の真実」島根上映実行委員会

後援:新しい歴史教科書を作る会、島根日日新聞、祖国と青年の会、日本会議(あいうえお順)

問い合わせ:090-4694-5712(澄田)

メールでのお問い合わせは、「南京の真実」島根上映委員会のHP内のメールフォームよりお願いします。
http://nankinshimane.blog.shinobi.jp/

尚、当日会場には駐車場が十分にありませんので、公共交通機関をご利用の上ご来場ください。
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-12-10 00:43 | 行事案内


<< 天長節奉祝日乃丸大行進の御案内      12・8大東亜戦争開戦記念日民... >>