右翼民族派総合情報ブログ

shinkoku.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 03日

付帯決議にファックスの照準を!国籍法改悪阻止

国籍法改悪を怒る国民の皆様(至急連絡・転送・MLやブログ掲載による拡散歓迎)情報編集及び文責:小田内

国籍法改悪阻止!付帯決議に照準を合わせ千葉景子参院議員(民主)他にファックス集中砲火を!

初めての方は下記と添付ファイル参照
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081120/plc0811200323003-n1.htm
お急ぎの方は下記<今なすべきこと>に直行

一昨日は民主党両院議員勉強会に向けた抗議活動お疲れ様でした。

<一昨日の情勢>
皆様の抗議も奏功したのでしょう午前中の民主党本部や国対委員長のファックスや電話は長時間にわたりつながりませんでした。
勉強会では数人の議員から強い意見が出て以前以上に「偽装認知」を懸念し「父子関係の証明をどう担保するのか」という慎重論が高まった模様です。しかし大勢としては、「外国人にだけDNA鑑定を適用するのはおかしい」というおかしな反論がなされ「既に議案として決定しているので採決に」という空気が強く、民主党内の善後措置は改正推進派の千葉景子議員に一任されたとのことです。
これを受け参院法務委理事懇では本日の法務委採決と明日三日の本会議採決を見送りが決定。社民党から出された四日法務委五日本会議採決案も見送られました。最短で五日法務委から来週頭本会議と見た方がよいようです。つまり抗議・要請活動の有効期間は今週中(5日まで)という見通しです。本日午後4時に自民党内反対派の会合があるので、どこまで抵抗できるか話合われ、その結果に基づいた民主党との折衝で今後のスケジュールがみえてくると思います。

<現時点での重要な視点>
既に参院民主党の主流は採決論なので衆院が通した以上参院自民党の慎重論を受けても採決は時間の問題という面があります。よって反対運動も建前的採決中止論以上に、最悪の状況を想定し土俵際の踏ん張りとして「付帯決議」に、いかに日本人の暮らしを守るシェルターとしての「国民国家」の観点から不可欠なリスク対策を盛り込むかに重点を転換する時期かと思います。

<絶対譲れない点>
最悪絶対に外してはならないリスク対策として最重点は「親子関係の科学的証明(DNA鑑定。最悪厳正な現地調査)の必要性」「重国籍の否定」「罰則規定の強化」です。その理由をてんこ盛りにして議員にアピールする必要があります。
このリスク対策の論点を突き詰めれば日本国の主権に基づく国籍法の基本である血族主義と二重国籍否定の観点から民主党中心の本改正(悪)案が原則の破壊をもくろむものであることも見えてきますのでこれを強調しましょう。

<今すぐなすべき事>
1.参院法務委メンバーにファックスする
「親子関係の科学的証明」「重国籍の否定」「罰則規定の強化」を骨子とし反対の理由を思いつく限りてんこ盛りしたファックスを送信しましょう。この法案を通したら選挙で落選させる旨文末に書くのもお忘れなく。
(例文)
・親子関係の証明もない「認知」で日本国籍を安売りすれば認知ビジネスが蔓延り日本は経済メリットだけを求める外国人に占領されてしまう。DNA鑑定を絶対に課せ。
・二重国籍を認めたらアジアの反日的な国から大量の工作員が入ってきて、拉致被害が横行する国になる。日本をこれ以上住みにくい国にする議員には絶対投票しない。
・我々の父母が汗水たらして築いてきた日本国籍を安売りする気か?科学的に親子関係が証明されない外国人などに国籍付与する必要なし。書類証明だけの認知絶対反対意!DNA鑑定を義務付けよ!違反の罰則は少なくとも100万円以上を「認知」日本人し課せ。軽い罰金では人身売買の温床拡大を防げないぞ!
(法務委メンバー)◎は重点抗議先、ファックス優先 できれば全員に
澤 雄二(法務委員長)(公明)◎  FAX:03-5512-2730     http://www.yuji-sawa.net/index.html
議員 今野東   TEL:03-3508-8708 FAX:03-5512-2708 azumaru@k-azuma.gr.jp
議員 鈴木寛   TEL:03-3508-8635 FAX:03-5512-2635 info@suzukan.net
議員 秋元司   TEL:03-3508-8311 FAX:03-5512-2311 http://www.akimoto-web.jp/opinion.html
議員◎松岡徹   TEL:03-3508-8734 FAX:03-5512-2734 http://www2.matsuoka-toru.jp/form/inquiry.html
 ※部落解放同盟元書記長 人権「擁護」法案で暗躍
議員 青木幹雄 TEL:03-3508-8534 FAX:03-3502-8825
青木幹雄連絡所TEL0853-53-0020
青木幹雄後援会TEL0852-22-0111
自民党島根県支部
議員 山崎正昭 TEL:03-3508-8419 FAX:03-3508-9419
議員◎松村龍二 TEL:03-3508-8304 FAX:03-5512-2304 info@ryuji-m.net
議員◎千葉景子 TEL:03-3508-8412 FAX:03-5512-2412 
tomato@cyberoz.net ※社会党系 男女共同参画・慰安婦問題 日本人拉致に関与した政治犯釈放署名に参加
議員 小川敏夫 TEL:03-3508-8628 FAX:03-3593-0577 info@ogawatoshio.com
議員 前川清成 TEL:03-3508-8712 FAX:03-5512-2712 maekawa@maekawa-kiyoshige.net
議員 近藤正道 TEL:03-3508-8740 FAX:03-5512-2740 masamichi_kondo@sangiin.go.jp
議員 江田五月 TEL:03-3508-8608 FAX;03-5512-2608 satsuki_eda@sangiin.go.jp
議員 山東昭子 TEL:03-3508-8224 FAX:03-5512-2224 akiko_santo01@sangiin.go.jp
議員 舛添要一 TEL:03-3508-8219 FAX:03-5512-2219 http://mipe2.aa0.netvolante.jp/fmi/xsl/koushiki/inquiry.xsl 議員 川上義博 TEL:03-3508-8701 FAX:03-5512-2701 http://www.kawakamiyoshihiro.com/cgi/mail1/index.html 議員 松浦大悟 TEL:03-3508-8517 FAX:03-5512-2517 http://www.dai5.jp/mailform.php
議員 仁比聡平 FAX: 03-5512-2393 
http://jcp-nihi.web.infoseek.co.jp/
議員 丸山和也 FAX: 03-5512-2536 
http://www.maruyama-kazuya.jp/supporter.php

2.麻生首相にファックスする
法務省つまり行政のトップである麻生太郎首相に国民の怒りを直にぶつける。水間政憲氏がいっていますが総理官邸に10万通届くと確実に阻止できるとのこと。
(例文)
・新保守本流を名乗るあなたが科学的証明もなく反日国家との二重国籍を許容する法案を通すなら自民党はもう終わりだ。保守政治家なら日本人なりすまし法案を通すな。結果次第で今度の選挙の投票を決める。
(連絡先)
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/dokusha.html
麻生首相 FAX: 03ー3501ー7528

3.国民新党本部にファックスをする
現在参議院でキャスティングボードを握っている国民新党にも要請しましょう。
(宛先)
電話:03-5275-2671   FAX:03-5275-2675
(例文)
・国籍法で大政党の横暴を止めてください。親子関係の科学的証明と二重国籍の禁止を付帯決議に入れてください。そうしなければ日本は外国人に人口侵略されます。助けてください。

4.知人3人以上に以上のことを呼びかけてください

あとは数の勝負です。団体や家族も「一人一筆!」
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-12-03 10:36 | 投稿


<< 12・8大東亜戦争開戦記念日民...      「大東亜戦争開戦記念反米集会」... >>