2008年 09月 30日

長谷川光良氏の檄

平成16年9月30日。福祉政策研究会代表長谷川光良氏が国会通用門で乗用車を炎上させ、北朝鮮拉致問題の政府の対応に不満を訴えた。以下にその声明を掲載します。



小泉総理以下全閣僚に諫言す。
 国家と国民は一体のものであろう。
 しかるに戦後日本は国家と呼ぶべき存在は無きに等しい。
 北朝鮮に多数の国民が拉致されている事実が厳としてあり乍ら、国家の威信としての経済制裁ひとつ出来ない。
 このようなものに、国民が信を寄せることが出来るだろうか。実質としての国家は我が日本列島には無いと断言せざるを得ない。
 多言を要すまい。
  日本よ!!国家たれ!!
平成十六年九月二十八日
長谷川 光良
[PR]

by hinomaru-nihon | 2008-09-30 14:36 | 憂国の檄


<< 9・29反中共デー東京大会が開...      中村君がんばれ! >>